福岡市中央区「天神」の由来について徹底的に調べてみたよ。

福岡市中央区「天神」の由来について徹底的に調べてみたよ。

 

「今日は天神集合で!」

「集合場所は天神でOK、了解!」

こんな会話は福岡県民なら当たり前なんですけども。

「ん?ちょっと、待てよ?」

「天神ってなんか名前カッコいいけどなんで「天神」なんですかね?」

こんな素朴な疑問に対して地理オタクの血が騒いだので記録に残しておくことにしましょう。

今回は福岡市中央区にある九州最大の繁華街と呼ばれる「天神」の由来について徹底的に調べてみましたよ。

福岡市中央区「天神」の由来について徹底的に調べてみたよ。

※天神とは福岡の中心地にある地名です。

今回はこの「天神」が主役です。

福岡市中央区天神のテリトリー

では初めに普段から使っている「天神」とは、厳密にどこからどこまでを示すものなのか調べてみました。

国土交通局の地図を参考に・・・

とはせずに現代らしくGoogleMapで参照してみたところ、意外に広範囲に及ぶことがわかったのです。

 

天神地区って、意外と広いんですね。

最も北東は福岡県立美術館の奥にある那の津大橋が最も北になるみたいです。

最も北西はKBCビルの前を通る那の津通りを横切り「福祉センター」という交差点までが天神。

そこから南に向かうと天神西通りを通り国体道路と交差する現在AppleStoreがあるところが南西の端になります。

最後の一角、南東の端は国体道路を東へ向かい「三光橋」の交差点までが天神になるんですね。

東側の端は川で区切られているみたいです。

これが天神地区の全域になります。

それでは範囲もわかったので本題に入っていきましょう。

天神の由来は何なのか?

今日の本題は「天神」の由来って何なの?

という素朴な疑問に答えていきたいと思います。

普段から当たり前に使っているので気にしませんでしたが、考えてみると「天神」って何だかかっこいいですよね。

「天」と「神」というビッグワードを備えている地名なので何かパワーがありそうな雰囲気です。

そこで「天神」とはどんな由来なのか調査してみると思いっきり歴史が関係してました。

天神の由来はこの人だった!

由来を調べてみたところ、なんと原点は平安時代まで遡ることがわかりました。

その原点とは?

この人。


だれ?

ヒント:福岡の有名な神社とえいば?

答え:太宰府天満宮でしょ。

はい、その通り太宰府天満宮です。

そこに祀られている学問の神様と言われた「菅原道真(すがわらの みちざね)」が由来のようです。

太宰府天満宮に祀られている学問の神様で有名ですが、平安時代に亡くなった後、すぐに神人化されたようです。

最初に祀られた時は「天満大自在天神」という神格で祀ったのが「天神」との結びつきのようです。

しかし「天神」はなぜ太宰府市でなく福岡市なのか?

この答えが天満宮という社によるものです。

もしかしたら「〜天満宮」が近所にあったりしませんか?

天満宮というものが全国にはたくさん存在しているのですが、それは太宰府天満宮と同じ「菅原道真」を祀った社になります。

天満宮について詳しく調べてみると、京都の「北野天満宮」や山口の「防府天満宮」とかもあるみたいです。が、京都や山口の天満宮について述べだすと、福岡のソレと主旨が変わってくるので別の機会に。

天神にある天満宮

福岡市中央区天神はどの天満宮が由来になっているのでしょうか?

それがこちら。

パッと場所が出てくる人はかなりマニアックな気がしますが、「水鏡天満宮」という天満宮が天神にはあるんです。

場所はこの辺り。

アクロス福岡の北側出口の正面に見える天満宮が水鏡天満宮になります。

水鏡天満宮が今現在「天神」と呼ばれる場所に造られたことが天神の由来です。

天満宮の存在から江戸時代に現在の「天神」と呼ばれる地域は「天神町(てんじんのちょう)」と呼ばれるようになったみたいですね。

天神と呼ばれたのは実は最近

そして調べていく中で驚きだったのが「天神」という地名になったのは意外と最近だという事実。

実は福岡市中央区天神と決まったのは1964年6月15日。

つまり天神と呼ばれ出して、まだ55年しか経ってないんですね〜。

それまでは「天神町」だったみたいです。

東京山手線の新しい駅「高輪ゲートウェイ駅」が話題となってますが、新しい地名でない限り土地の名前は江戸時代から代々と継がれているものだと思ってただけにビックリ。

福岡の繁華街なだけに新しい街だったわけなんですね〜。

天神の待ち合わせ場所

せっかくなので「天神の待ち合わせ場所」も調べてみました。

天神は福岡の中心地ですから、人がたくさん。

そんな天神で待ち合わせするのであれば「わかりやすい」場所を指定しておきたいですよね。

よく使われる待ち合わせ場所を調べてみました。

【待ち合わせ場所1】スクリーン前

最もよく待ち合わせで使われている場所って多分ココですよね?(笑)

スクリーン前とは西鉄天神駅中央改札口を出て、そのまま進んで1階降りたところにある大きなスクリーンのある場所のこと。

誰でも説明要らずのわかりやすさです。

が、しかし!

ココは誰しもが知ってるが故に人がたくさんいるので、服装の特徴もしっかり伝えておきたいところです。

【待ち合わせ場所2】ライオン広場

こちらも有名な待ち合わせ場所ライオン広場。

ライオン広場があるのは福岡三越1階の交番がある広い場所です。

なぜライオン広場かというと、そこにライオンがいるから。(笑)

スクリーン前に比べると待ち合わせている人は少ないので見つけやすい。

ただ面積が広いのと中央に円座があったり視界を遮るものが少々あるのでライオン広場のライオン前とか交番側とか言ってあげるとなおわかりやすいかもです。

【待ち合わせ場所3】警固公園

天神の公園と言えば「警固公園」と言われるくらい結びつきの強い場所。

福岡三越、ソラリアプラザ、ビッグカメラなど有名商業施設に囲まれた公園なので、それも納得かもですね。

警固公園はこれまで紹介した待ち合わせ場所の中でも最も大きいのでより正確な位置を指定しないと迷子に・・・とはならずとも探すのに時間がかかってしまっては本末転倒ですからね。

よく使われるのは新しくできた交番のあたり〜とかでしょうか。

以上、天神の待ち合わせシリーズでした。

話を由来に戻しますね。

全国にたくさんある「天神」という地名

天神の由来は天満宮という結果でした。

と、言うことは、天満宮があるところには天神という地名が多そうな予感がしますよね?

そこで郵便局長の協力を借りて〜とはなりませんでしたが。(笑)

自分で天神がどれくらいあるのか調べてみました。

その結果がこちら。(順不同箇条書き)

天神 (小樽市) – 北海道小樽市の地名。
天神 (宇都宮市) – 栃木県宇都宮市の地名。
天神 (川場村) – 群馬県利根郡川場村の地名。
天神 (三郷市) – 埼玉県三郷市の地名。
天神 (鴻巣市) – 埼玉県鴻巣市の地名。
天神 (新潟市) – 新潟県新潟市中央区の地名。
天神 (南砺市) – 富山県南砺市の地名。
天神 (福井市) – 福井県福井市にある地区。
天神 (上田市) – 長野県上田市の地名。
天神 (静岡市) – 静岡県静岡市清水区の地名。
天神 (亀山市) – 三重県亀山市の地名。
天神 (長岡京市) – 京都府長岡京市の地名。
天神 (池田市) – 大阪府池田市の地名。
天神 (姫路市) – 兵庫県姫路市の地名。
天神 (三田市) – 兵庫県三田市の地名。
天神 (加東市) – 兵庫県加東市の地名。
天神 (廿日市市) – 広島県廿日市市の地名。
天神 (防府市) – 山口県防府市の地名。
天神 (柳井市) – 山口県柳井市の地名。
天神 (西条市) – 愛媛県西条市の地名。
天神 (福岡市) – 福岡県福岡市にある地区。同市の中心繁華街。
天神 (北九州市) – 福岡県北九州市戸畑区の地名。
天神 (古賀市) – 福岡県古賀市の地区。同市の中心街。
天神 (佐賀市) – 佐賀県佐賀市の地名。
天神 (佐世保市) – 長崎県佐世保市の地名。
味噌天神 – 熊本県熊本市の地区。

(熊本市中央区にある「味噌天神」を「天神」に含める)

調べてみた結果、全国津々浦々で26ヶ所も天神があることがわかりました。

天神さん、人気でございます。(笑)

全国47都道府県を制覇して退屈している方は全国26ヶ所「天神巡り」でもいかがでしょうか?

何かご利益があるかもしれません。

良きかな〜。

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。