【留学生向け】在住者がオススメするフィリピンのスイーツ10選!

【留学生向け】在住者がオススメするフィリピンのスイーツ10選!

皆さんこんにちは!フィリピンで英語学校を経営しているナオキです。

皆さんスイーツは好きですか?フィリピン人はみんな大好きです!ここフィリピンはスイーツ天国と呼べるほどに甘いもので溢れており、甘いもの好きの人には楽園かもしれません(笑)。

フィリピンのスイーツというと、一般的によく知られているのはハロハロが有名ですが、その他のスイーツと言っても正直言ってあまりピンと思い浮かばないかと思いますが、もちろんフィリピンにはハロハロ以外にも様々なタイプのおすすめスイーツがたくさんあります。

南国ならではのトロピカルフルーツを素材に使ったフレッシュなスイーツはもちろん、スペイン統治時代に向こうから伝わってきた西洋風のスイーツも沢山ありますので、スイーツ好きの人は飽きることなく毎日いろんなスイーツを楽しむことができます。


英語を勉強しにフィリピン留学に来て、ずっと勉強に勤しんでいると頭が疲れてきて、甘いものを食べたくなります。脳が糖分を欲してきますね!そんな時には是非フィリピンの美味しいスイーツを食べて心も体もリフレッシュしてください!

【留学生向け】在住者がオススメするフィリピンのスイーツ10選!

それでは、フィリピンの美味しいスイーツを紹介していきます。

オススメのフィリピンスイーツ!ハロハロ Halo halo

Theフィリピンスイーツと言えばこちらですね!

オススメのフィリピンスイーツ!ハロハロ Halo halo

ハロハロとは、タガログ語で「混ぜこぜにする」という意味です。

かつて、フィリピンはスペインやアメリカなどの国に占領されていました。


ハロハロは、その影響と独自の文化が融合したフィリピンの歴史を象徴する食べ物といわれています。


かき氷とココナッツミルクがベースとなっており、トッピングはアイスクリームやナタデココ、ゼリー、レチェフラン(フィリピンのプリン)、ココナッツ、クリスピーライス、コーンフレーク、トウモロコシ、ウベなど。そして、その上に黒蜜やコンデンスミルクをかけるのがスタンダード。

最初はやや抵抗がありますが、それらをぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのがフィリピンスタイルです。

食べる度に異なる味わいを楽しめる不思議なスイーツです!

ローカルレストランなどに行くと、基本的にどこのお店にもある人気のデザートです。

オススメのフィリピンスイーツ!タホ Taho

できたての温かいツルツルの絹ごし豆腐と小ぶりのタピオカのようなものに黒蜜がかかっているシンプルなスイーツ。

オススメのフィリピンスイーツ!タホ Taho

朝になるとタホ売りのおじちゃんやお兄さんが両端にアルミのバケツをぶら下げた長い棒を肩に担いで、「タホー!」と言いながら街を歩いて売っています。

頼むとプラスチックのコップに並々注いでくれます。朝食代わりにもなるちょうどいい量と程よい甘さで、お腹を満たしてくれます。また、屋台でも売っているので、手軽に食べられる点も人気の理由。

いちごの名産地であるバギオでは、黒蜜の代わりにいちごのソースがかかっているタイプのタホが食べられます。

オススメのフィリピンスイーツ!レチェフラン Leche flan

結婚式や誕生日パーティー、お祭りなどでよく出されるデザート、レチェフランは濃厚な味わいのカスタードプリン

オススメのフィリピンスイーツ!レチェフラン Leche flan

日本の一般的なプリンに比べて少し固く、コンデンスミルクをたっぷり使用しているためとても甘いのが特徴です。

ほろ苦いカラメルソースとの相性は抜群で、一度食べたらクセになってしまいます。

オススメのフィリピンスイーツ!ブコパイ Buko pie

こちらは、ヤングココナッツのスライスとカスタードクリームがサクサクしたパイ生地の中にたっぷりと入ったスイーツです。

オススメのフィリピンスイーツ!ブコパイ Buko pie

避暑地のタガイタイやラグナなどの銘菓として知られており、これらの地域には専門店が多くあります。

フィリピンのデザートはかなり甘いものが多いですが、このブコパイはココナッツ本来のほどよい自然な甘さで、すっきりしています。

甘いものが少々苦手な方も、ブコパイは甘すぎないので気に入る方が多いです。疲れた時にはぜひお試しください!

オススメのフィリピンスイーツ!キャッサバケーキ Cassava cake

熱帯エリアでよく栽培されている芋の一種、キャッサバはタピオカの原料になっている植物です。

オススメのフィリピンスイーツ!キャッサバケーキ Cassava cake

この芋の部分をすり下ろし、ココナッツミルクや砂糖、バターを混ぜて焼き上げたスイーツがキャッサバケーキです。

モチモチしていて、ケーキというより餅菓子のような食感でとても美味しいです。

このケーキはフィリピンだけでなく、ベトナムやグアムでもメジャーなデザートとなっています。

オススメのフィリピンスイーツ!バナナキュー Banana cue

こちらはサババナナという調理用の甘くないバナナを素揚げし、ブラウンシュガーをかけてから再び揚げたシンプルなスイーツです。

オススメのフィリピンスイーツ!バナナキュー Banana cue

そこまで甘すぎることはなく、バナナ本来の素朴で自然な甘さを楽しめます。食感は中はふっくら、外はカリっとしているので一度に異なった食感が楽しめます。

バナナキューの「キュー」とは、「バーベキュー」が由来。お肉の代わりにバナナがスティックに刺さっているので、バナナ版のバーベキューといったところでしょうか。

サツマイモを使い、ほぼ同じ調理法で作られたカモテキュー(カモテとはサツマイモのこと)というスイーツもあります。

オススメのフィリピンスイーツ!トゥロン Turon

こちらもバナナキューと同じく、バナナを使ったスイーツの定番メニュー。

オススメのフィリピンスイーツ!トゥロン Turon

サババナナを春巻きの皮で包んで揚げた後、上からブラウンシュガーをかけたら完成の簡単なスイーツです。

ジャックフルーツが入っているタイプもあり、レストランではトゥロンにアイスクリームやチョコレートソースがのっているものもあります。

オススメのフィリピンスイーツ!サンスリバル Sansrival

サンスリバルとは、フランス語で「ライバルなし」という意味です。

カシューナッツ入りのメレンゲ生地にバタークリームがミルフィーユ状に何層にもサンドされている甘いデザートです。

さらにバタークリームと砕いたカシューナッツがコーティングされているので、けっこう食べ応えがあります。

別の種類のクリームやナッツを使ったアレンジ版もあるので、お気に入りのフレーバーのサンスリバルを探してみるのもいいかもしれませんね!

オススメのフィリピンスイーツ!エンサイマダ Ensaimada

バター風味のブリオッシュのようなパンに細くスライスしたチーズとグラニュー糖をトッピングしたエンサイマダは、スペインのマヨルカ島生まれのスイーツブレッドです。

オススメのフィリピンスイーツ!エンサイマダ Ensaimada

本場ではラードを使用しますが、フィリピンではその代わりにバターかマーガリンを入れるのがフィリピン流です。

朝食やメリエンダ (フィリピンの10時と3時におやつを食べる習慣) にちょうどよく、フィリピンの人たちはその時間によくこれを食べています。

カフェやケーキ屋さん、またスーパーやコンビニでも売られており、パンの中にウベやチョコレートのペーストが入っているものなど、様々なバリエーションのエンサイマダが売られています。

オススメのフィリピンスイーツ!ポルボロン Polvoron

クッキーみたいな形のポルボロンは、スペインのアンダルシア地方で生まれたショートブレッドの一種です。

オススメのフィリピンスイーツ!ポルボロン Polvoron

スペインのポルボロンはミルクとラードから作られますが、フィリピンでは粉末ミルクにマーガリンもしくはバターを使用しています。

写真はコンビニで小売しているものを先生に撮ってもらいました。

口に入れた瞬間とろけるような食感は、和菓子に例えると落雁のような感じです。

フレーバーはコーヒーやクッキーアンドクリーム、カシューナッツなど様々なものがあります。

現地で生活することでわかったフィリピンのスイーツ文化

如何でしたでしょうか?

フィリピンは本当に甘いものに満ち溢れていて、大きいショッピングモールなどに行くと、ケーキ屋さんやスイーツが売られているところが本当にたくさんあります。

そして、レストランに行き、コーヒーやアイスティーを頼むと、デフォルトで砂糖たっぷりで提供されます。フィリピン人の日常はとにかく甘いのです。

そして、日本ではお目にかかれない珍しいスイーツにもたくさん出会うことができます。

皆さんもフィリピンに来たら、勉強の息抜きにフィリピンの甘くて美味しいスイーツをぜひ食べてみてください!


私が経営しているベーシックイングリッシュキャンプでも、月に一回誕生日会を行い、フィリピンのケーキを楽しむことができますよ。留学中に誕生日を迎えた方には誕生日ギフトもあります。

以下から『Skymates7の記事読みました』とご記入してお問い合わせをしていただけばき留学された方には15000円分のレッスンチケットプレゼント中です!(4週間以内は5000円分のレッスンチケット)

15,000円分のレッスンチケット
The following two tabs change content below.
英語力0レベルからフィリピンで起業。 背骨を骨折してからのちょっとオモロイ人生。 英語力0だった男がフィリピン留学をして2014年より学校経営。 マニラの大都市マカティと片田舎のサンペドロ市でフィリピン留学を提供しています。 フィリピン滞在歴8年の経験を元に現地の情報を発信します。