英単語を本気で覚えたい人へオススメする書籍!英単語シリーズ

英単語を本気で覚えたい人へオススメの参考書!英単語シリーズ

英語を勉強していると本当に嫌になるのがボキャブラリーの足りなさにうんざりする瞬間だったりしませんか?

自分もかれこれ英語学習は長いこと行なっているのですが、ボキャブラリーを覚えるのは大変です。と、いうか使わないと忘れてしまいます。

英単語に限らずですが、普段使わなければ忘れてしまうので、繰り返し学習する必要があるのが前提ですが、とにかく本気で英単語の習得を迫られている人へ向けて書いてます。

英単語を本気で覚えたい人へオススメする書籍!英単語シリーズ

今回紹介する英語学習向けの参考書として英単語シリーズの物を紹介したいと思います。

英語の資格を取得するにはボキャブラリーが必要

まず、英語を勉強する上で、どれくらいのボキャブラリーが必要になってくるのか認識合わせしておきます。人によって目標が違いますからね。

そこでわかりやすく日本で人気の2大英語系の資格であるTOEICと英検でそれぞれ必要なボキャブラリーをここで表してみます。

まずはTOEICでどれくらいの英単語数が必要になるのか、について。

TOEICでは必要な英単語数を次の表でまとめることができました。

TOEIC点数必要な英単語数
900 〜10,000 〜
800 〜 9008,500 〜
700 〜 8007,500 〜
600 〜 7005,000 〜
500 〜 6004,000 〜
〜 400〜 3,000

700点以上から必要な英単語数がグッと上がる感じですね。

900点以上とかになると必要な英単語数も10,000語以上。日本語でも10,000語わかるか心配ですが。(笑)

冗談はさておき、TOEICで高得点を取得するにはある程度ボキャブラリーも伴っていないといけない事実がわかったと思います。

次に英検の方も必要な英単語数を表にしてみました。

英検の点数必要な英単語数
英検1級13,000 〜
英検準1級8,500 〜
英検2級5,000 〜
英検準2級3,500 〜
英検3級2,000 〜
英検4級1,000 〜
英検5級600 〜

TOEICのソレに比べて幅が広いのが英検の特徴だなぁと。

そして英検2級と準1級の差が大きいですね。TOEICにすると200点の差があることになります。ボキャブラリーだけで判断はできませんが。

また恐ろしいのが1級。13,000語。(苦笑)

あとでオススメの参考書として12,000語レベルのことを書きますが、正直、このレベルの英単語は初耳のものがほとんどで日常会話であまり使わないレベルです。

ですが、そのレベルの英単語を知っている証として価値がある資格という位置付けでTOEIC900以上や英検1級は存在しているわけです。

必要なボキャブラリーの数もわかったので参考書について書いていきます。

今回オススメする英語の参考書は英語学習やTOEIC対策で定評のある株式会社アルクが出版している英単語にフォーカスしたシリーズになります。

シリーズなのでレベルや目的に合わせて適切なレベルを購入すると良いかと思います。

単語力を上げる為にオススメの参考書1

ここから具体的な参考書の内容とレベルに沿って書いていきます。

英語学習をこれから始める初学者や、学生以来、久しぶりに英語に触れると言ったレベルであれば「初級の3000語」から学習を進めていくのが良いかと思います。

こちらは使われた人ならわかると思いますが、本当に基本的な英単語ばかりが出現します。

どれくらい基本かといえば「I(私)」や「Have(持っている)」といったレベル。英会話教室で絶対に必要なレベルの英単語から開始します。

って思うと本当に初学者向けの内容だなぁと思います。

なので、こちらの初級の3000語は必要な人とは、これから英語を始める人や、マジで全くわからないって人向けです。

すでに留学されていたり英会話教室通ってて、もっと深い話がしたいって人には不要の参考書かなと思います。

適切なレベルでなければ意味があまりないですからね。

単語力を上げる為にオススメの参考書2

次に紹介するオススメの参考書2として「中級の3000語」があるんですが、こちらの参考書が最もフィットする人が多いんじゃないかなと。

初級の3000語と合算するとこれで6000語の英単語を覚えることになります。

留学したことがある人や、英語を使った仕事をしている人であれば一度は聞いたことある単語が多いかも知れません。が、初学者であればそこそこの難易度はあるかも知れないです。

6000語はTOEICでいえば600点代、英検でいえば2級合格ラインですからね。

日本人でこのレベルに達している人はマイノリティーだと思います。つまり英語ができます!って言っていい人たちになれます。(言うか言わないかは本人次第ですがw)

参考書の内容からしても今回、紹介する参考書の中で「中級の3000語」が最もオススメな参考書ですね。

英単語を6000語も覚えておけば日常会話は問題ないと思われます。

単語力を上げる為にオススメの参考書3

ここから先の参考書はかなり上級レベルだと思います。対象者は英語を使った仕事をしたい人や、海外で働きたい人向けだと思います。

オススメの参考書、第三弾は「上級の3000語」です。

このレベルになるとかなりムズイです。知らない単語がバンバン出てくるのでかなりストレス。(笑)

どれくらいムズイかと言えば例えば次の単語「epitaph」とか登場します。

この単語の意味知ってますか?

自分は知りませんし、使ったこともありません。(笑)

答えは「碑銘」だそうです。碑銘とは墓石に綴ってある文章のことですね。

いやー、これ、日本語でも「墓石に書いてある文章」なんて説明してしまいそうなんですけど・・・。

この記事を読んでいるあなたはどうでしょうか?知ってましたか?epitaph?

レベル3でこの内容なので英単語を覚えるのはかなり根性が必要なのがわかるかと思います。

単語力を上げる為にオススメの参考書4

最後に登場するのがこの究極の英単語シリーズ最終章になる「超上級の3000語」です。

このレベルはマジでやばいです。一つ前のレベル3でも難しいですが、レベル4は本当に本当に難しい。

そんな単語使ったことないっす。と、いうか初めて知りました。って内容が散りばめられてます。(苦笑)

このレベルが必要な人はおそらくTOEIC800点代後半や900点代を取得したい人、英検1級に挑戦する人だと。

逆にこのレベルの英単語を知ってないとその点数や資格は取得が難しいのかと思うと自分はちょっとげんなりします。(笑)

それくらい難しい英単語なので購入する時はある種の覚悟が必要かも知れません。

ちょっと留学したい人や、海外就職まで考えてないけど、旅行やワーホリしたいって人には不要の参考書かなと思います。

一般的な会話からすると必要以上に内容が難しいので、多くの人はお世話にならない1冊かなと。

単語力を上げる為にオススメの参考書5

最後に併せて書いておきたい参考書。

それはこれまでの「初級・中級・上級・超上級」の4冊を文字通り併せた参考書「究極の英単語SVL12000」です。

この参考書があることを知らず、自分はレベル1〜4までをそれぞれ購入しました。なので、自分はこの1冊だけは持っていません。

ですが、内容はおそらく(100%)同じだろうと。

ですが、こちらはオススメと書きましたが、他の4冊を別々に買うことをオススメします。

なぜなら適切なレベルがあると思いますし、不要な箇所が多いと探すのに時間がかかるだけでなく参考書は本ですから、持ち運びに苦労です。まぁ今はKindle版もあるので、電子化された参考書であれば重さはクリアできますが。

学習の目的と現在位置を照らし合わせて適切なレベルの参考書を購入することをオススメします。

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。