便利で使える!ワーホリや留学で使える情報収拾の仕方まとめ

便利で使える!ワーホリや留学で使える情報収拾の仕方まとめ

初めての留学やワーホリであれば、楽しみ半分、不安半分ってくらいじゃないでしょうか。

留学やワーホリは日本以外の国で生活するので、初めてであれば楽しみだけど不安に思うって結構当たり前だと思います。

不安に思う理由の1つに情報不足があると思います。日本にいる段階では、現地の情報は人から聞いたことやネットで調べた情報くらいしかアテにすることができませんからね。

便利で使える!ワーホリや留学で使える情報収拾の仕方まとめ

そこで今回は、留学やワーホリでオススメしたい便利な情報収拾について書いてみます。

【事実】ワーホリは圧倒的に情弱になる

ワーホリをこれからやろうと思ってる人にはぜひ参考にしてほしい情報を書いておきます。

まず大前提として、海外では日本以上に情報が圧倒的に大事ということです。

ワーホリってビザの性質上、1年間働くことができるんですけど、逆に言えば1年間しか働くことができないんですよね。

これって日本で就活しているのに「就職したいんです。でも1年間しか働きたくないです!」って言ってる状態がデフォルトってわけでして。

まぁまぁ無理ゲーですよね。(笑)

Backpacker Jobs in Australia

そうなると雇用する側も人を選びますよ。まぁそりゃそうだ。

また情報がないとかなり底辺な仕事にしかつくことができなかったりします。労働時間が長いけど、収入が低いとか。

真夏でも外で仕事とか。日焼け大歓迎でなければまず働けない環境とかとか。

そこで情報をしっかり集めて自分がしたくない仕事をワーホリでしないために対策は必要になってきます。

また仕事だけでなく、ワーホリで重要になる住居や生活アイテム(車や自転車)の情報も知っておきたいところ。便利な情報を知ってるか知ってないかでかなり違うので、ぜひ参考にしてください。

ワーホリでオススメするのはローカルのFacebookコミュニティ

そこで今回、オススメする便利な情報とはローカルのFacebookコミュニティへの参加です。

具体的にどんなコミュニティがあるかと言えば、こちらなどが具体例。

Toronto buy and sell market

これはカナダ最大の街トロントのFacebookコミュニティ。

日本語で言えば「売ります買います」的なコミュニティで名前も「Toronto buy and sell market」とそのままです。

ですが、情報は日本人向けでなく現地人向け。例えばトロントの賃貸物件情報や、現地人が出している求人情報などが見れたります。

また当たり前ですが、売ります買いますコミュニティなので自転車や家具なんかもこのコミュニティで揃えることが可能なんですねー。

これはワーホリや留学にとってとっても嬉しい。自分はこのコミュニティを利用してトロントのブロール&ヤング駅直結の部屋を月460ドルで契約することができました。

その他の具体例はこちら。

Caboolture Online Garage Sale (& Surrounding Areas) #2

こちらはオーストラリアのブリスベン近郊にあるカブルチャーという街のローカルコミュニティ。

名前は「Caboolture Online Garage Sale (& Surrounding Areas) #2」という感じでカブルチャーやその周辺の地域オンラインセールスコミュニティです。

カブルチャーという街はあとで書きますが、いちごファームという最悪の労働環境があるそれはそれは・・・な街です。(笑)

が、このコミュニティは非常に使えました。

まず当時(2014年)はまだそこまで古くないiPhone4sを100豪ドルで購入できたり、近くの無料で開催しているワークショップへ参加したりと活用させてもらいました。

オーストラリアの都市部でなく田舎では情報こそあっても、都市部まで遠くてなかなか行けなく意味がありません。広いオーストラリアやカナダでは人口が少ないので田舎の地域密着情報って少ないんですよ。

そんな問題もこれで解決!Facebookコミュニティであればその地域のこと限定なので、そこに住んでいれば便利な情報源としてとっても役立ちます。

これらFacebookコミュニティの検索方法ですが、非常に簡単です。

Facebookの検索バーに地域の名前を英語で入力するだけでたくさん出てきます。最初にあげたトロント(toronto)などは大都会なので非常に多くのFacebookコミュニティが出てきます。

なので検索方法も「toronto sell」や「toronto infomation」など何かと付け加えて検索することをオススメします。

逆にカブルチャー「cablture」などの田舎町であれば名前だけで十分に有益なFacebookコミュニティに辿り着けます。

ワーホリや留学で注意が必要なコミュニティ

さて、有益な情報を手に入れるコミュニティがあると言いましたが、逆に注意した方が良い情報も多く存在してます。

以前、ワーホリの中でもいちごファームは本当にオススメしない理由を書きました。

【注意喚起】オーストラリアワーホリを台無しにしない!イチゴファーム

これらいちごファーム情報を発見したのはこちらのFacebookコミュニティです。「オーストラリアワーキングホリデー求人」。

オーストラリアワーキングホリデー求人Facebook

運営者は誰かわかりませんが、とにかく情報が多いです。

多くの人が更新するので、1日でTLが数回更新される日もあるくらい情報量は多いので、グループへ参加するのはアリだと思います。本当に有益な情報や人との繋がりも可能ですからね。

が、やはりまともじゃない情報もあるので、注意が必要です。具体的には次のような注意喚起のような投稿も散見されます。

オーストラリアのいちごファームの求人がやばい

またFacebookコミュニティ以外でも注意が必要です。現地でちゃんとした企業が主催している求人案内だからと言って、それが必ずしもまともな情報とは限りません。

例えばオーストラリアで日本人向けに有名なクラシファイドサイトを運営している日豪プレスというものがあります。

こちらの求人情報を見てみるとやはりありました、いちごファーム情報。

日豪プレスのストロベリーファームの求人1

こっちにもいちごファーム。

日豪プレスのストロベリーファームの求人2

まぁいちごファームが全て悪いわけではないですけど、自分は本当に、本当に、オススメしませんので、ここで吊るし上げておきます。(笑)

自己責任で求人は選んでください。これは自分やその周りのワーホリ体験者の経験や体験談から書いてますので、全員に当てはまるわけではないです。

が、本当にオススメしないので、強く言っておきます。その事実はこちらのリンクよりご確認ください。

【注意喚起】オーストラリアワーホリを台無しにしない!イチゴファーム

では、なぜローカルのFacebookコミュニティを支持するかと言えば、日本人ターゲットに作成されていないからです。

日豪プレスや日本人向けのワーホリ情報コミュニティはワーホリや留学にきた日本人限定なので、そもそも母数が少ないですよね。

だからいちごファームや過酷な労働条件であってもそれを載せるしかないって状況が発生します。これは本当にそうで、いちごファームで欧米人なんてほとんど見ません。それに現地人なんて絶対やりません。(笑)

それくらい情報って偏ってるってことです。

一方、ローカル向けのFacebookコミュニティであれば英語であるのが壁なだけで情報としてはかなり有益です。なぜなら現地人は選べることを知っているので、いくら条件を飾っても、悪い情報には誰も見向きしないからです。

英語も勉強できるという点では、一石二鳥どころでないローカルのFacebookコミュニティの活用をオススメします!

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。