【乗り方の教科書】フィリピンのユニークな乗り物について!

【乗り方の教科書】フィリピンのユニークな乗り物について!

いま、欧米諸国に比べ、格安で英語留学ができると話題のフィリピン。

実際に現地に来てみると、日本との文化の違いに驚くことの連続です。(笑)

今回は、どこかへ行くときになくてはならない移動手段、フィリピンの公共交通機関に焦点を当てていきたいと思います。

【乗り方の教科書】フィリピンのユニークな乗り物について!

フィリピン国内で活躍するユニークな乗り物も含めた乗り方の教科書です!

フィリピンのユニークな乗り物1:ジプニー(Jeepney)

インパクト大な見た目のジプニー。庶民の足としてなくてはならないのがジプニーです。元々、米軍の使っていたジープにド派手な改造が施してあり、フィリピンに英語留学などで来られた方は、初めて見るとビックリされます。そして、たいてい爆音を轟かせながら街中を走っています。

車内に入ってみると、両サイドに長椅子があり、電車のように向かい合って座ります。

フィリピンのジプニー

天井は低く、窓は基本的に全開で、かなりワイルドな乗り物です。

満員になると、隣の人とぎゅうぎゅう詰めで座り、車内にスペースがなくなると、今度はアクション映画のように車体の外につかまって移動する人もたまにいます(笑)

ジプニーの乗り方

ジプニーを見かけたら、日本のタクシーのように手を挙げて止めて乗ります。

基本的に決まった路線を走っていて、大体フロントガラスのところに行き先が記載された白いプレートが掲げてあります。

乗車して椅子に座ったら、隣の乗客に自分の運賃を渡して、バケツリレー方式で運転手に渡してもらいます。そして、お釣りがあれば、また同じように戻ってきます。

運賃はとても安く、大体10ペソ前後から乗れます。

目的地に着き、降りるときは、「パラポ(降ります)」と言うか、天井をコンコン叩くと停まってくれます。

ジブニーの乗り方動画

こちらに私自らジプニーに乗車した時の体験を動画にしてます。

ジプニー乗車方法のイメージがつくかと思います。

ジプニー乗車中の注意

ジプニーは運賃が安いので低所得者も活用します。乗車中はあまり高価だと思われるものをチラつかせないようにしましょう。

特に満員乗車の時などは、スリやひったくりの被害に遭う事例も発生しています。乗車中は、貴重品はカバンの中にしまい、リュック等は前に掲げるなどの対策をしましょう。スマホなどは使わないか、しっかりと手で握りしめておきましょう。

フィリピンのユニークな乗り物2:トライシクル(Tricycle)

こちらもまた、フィリピンの国民的な乗り物で、都会からカントリーサイドまで街中のいたるところで走っています。

小型の原付バイクにサイドカーが付いた、何とも子供心をくすぐるような乗り物で、運賃も安く、10ペソ前後~とお手頃価格です。近場の移動にとても便利なので、英語の留学などで、フィリピンへ来られる方はよくお世話になるかと思います。

トライシクルの乗り方

ジプニー同様に手を挙げて停まってもらったら、運転手さんに行き先を告げます。ここで必ず、料金を確認しましょう。中には日本人だと分かると、高めの料金を提示してくる人も中にはいますので、フィリピンに英語留学に来ている人などは、お気をつけください。

フィリピンのトライシクル

予め料金の相場を知っておいたほうがいいです。また、一人で乗るか、他の人と相乗りするかによっても料金が変わってきます。

・一人乗り:約30ペソ~

・相乗り:約10ペソ~

いづれにしてもとても安価な運賃体系ですね。

トライシクル乗り方動画

トライシクルの乗車方法です。

また、距離によっても料金は変わってきますが、あまり遠くに行く際に使う乗り物ではないですが、近場の移動には非常に便利です。横のサイドカーに乗るのもよし、運転手の後ろに乗るのもよしで、後ろだと風を感じることができます。正直、空気はあまりきれいではありませんが、、、

また、相乗りだとたまに5.6人ぎゅうぎゅう詰めで乗ってる例も見かけます。

基本的に、フィリピンの公共の乗り物は、少しでも人が乗れるスペースがあれば、無理やり乗せます(笑)

田舎や観光地だとジプニーやタクシーが無く、トライシクルしかない場所もあります。

そんな時はドライバーと交渉して長距離乗る場合もあります。私はバナウェイという観光地に行った時に、半日ほどトライシクルドライバーを1000ペソでお願いしました。その代わり自分の好きな場所に移動できますし、ガイドもしてくれました。

フィリピンのユニークな乗り物3:バン(Van)

こちらも割とメジャーな移動手段で、フィリピンの方々は結構みんな使っています。

ショッピングモールなどがある町へ行けば、たいていバンステーションはあります。

TOYOTAのハイエースなどの車両を使っていて、中~長距離移動をする際には非常に便利です。運賃も5.60ペソ~と、お手頃価格で嬉しいです。

フィリピンのバンの乗り方

バンステーションは、どこにでもあるわけではないので、利用する際には、ちょっとした街の方まで出なければなりません。バンステーションを見つけたら、色んな方面へのバンがたくさん待機していますので、自分の目的地へ行くバンを探しましょう。

ジプニー同様、フロントガラスに行き先を記載したプレートが置いてあることもあれば、ないこともあるので、運転手さんに「Where does this van go to?」のように英語で尋ねてみましょう。

バンに乗ったら、満員になるまで、ひたすら待ちます。そうです、実はこのバンも、ぎゅうぎゅうのすし詰め状態にならないと発車しません。なので、最初の方に乗ってしまったら、、、正直、その時間はもったいないですが、待つしかありません。

ですが発車してしまえばこのバンの運転手さんたちは皆、渋滞を避けられる裏道をよく知ってらっしゃいますので、意外と目的地へは早く着くことができます。

途中で降りたい場合はジプニー同様に「パラポ」と言えば、そこで降ろしてもらえます。

フィリピンのユニークな乗り物4:バス(Bus)

フィリピンも日本同様、バスでの移動もメジャーで、バスでどこへでも行くことができます。運賃もお手頃価格でお財布に優しいです。

バスには二種類あって、メトロマニラ内を移動する「近距離バス」とメトロマニラと郊外をつなぐ「長距離バス」がありますが、乗り方は同じです。

フィリピンに英語留学に来られている方などは、土日の休みなどを利用して長距離バスに乗って、ちょっと遠くへ観光に行く方もいます。

フィリピンのバスの乗り方

「近距離バス」は、バン同様にちょっとした街まで出れば、各方面へ行くバスがたくさん待機しているバスステーションがあります。

メトロマニラ内だと、電車の駅周辺や、EDSAなどの大通りにバス停があるので、そこでバスが来るのを待ちましょう。運賃は12ペソ~とリーズナブルです。

「長距離バス」もまた、乗り場が決まっているのでそこまで移動して乗ります。チケット販売カウンターがあるので、係員に行き先を伝えてチケットを購入したら、時間や行き先、バスのナンバーなどの様々な情報に間違いがないかを確認し、乗車しましょう。

フィリピンのバス

一応時刻表はありますが、けっこうアバウトで、乗客が少ないと満席になるまで待機していたりするので、あってないような感じです。

バスもまたジプニー同様、たいていフロントガラスの左下に行き先を記したプレートを置いていますので、それを確認して乗ります。

また、行き先が目的地でなくても、行きたいところを経由することがありますので、運転手さんや添乗員さんに確認してみましょう。

運賃は、乗車後にチケットを購入して払います。また、支払い後もチケットは最後まで持っておきましょう。

近距離バス・長距離バスは降りる場所が決まっています。市内にはバス停がありますので、降りる場所をしっかりと確認しておきましょう。(地方や郊外ならジプニーの様に好きな場所で降ろしてもらえます)

バスが混んでいて降りる場合は注意が必要です。出口付近ですぐに降りられるように待機しておきましょう。

通路にも乗客がたくさん立っているので目的地に着いてから席を立つと、なかなか出口まで進めず降りるのに苦労します。朝の東京の満員電車のように、目的地で降りられません。

フィリピンのバスの乗車中の注意

バスの中は冷房が効きすぎていて非常に寒いです。上に羽織れる上着を持っておくとよいでしょう。

特に、長距離バスで長距離移動する時や夜行バスを利用する際は、長時間エアコンの効いた車内にいる事になるので薄着だと風邪をひきます。フィリピン人の方々も長袖、冬服並みに着込んでいます。

また、途中で降りる際には、信号で停車中に、道路のど真ん中で降ろされたりもするので、周りの車に十分気を付けましょう。

フィリピンのユニークな乗り物5:タクシー(Taxi)

日本でもお馴染みのタクシーは、フィリピンでもまたたくさん走っています。他の

乗り物に比べて、少々お値段は張りますが、やはり快適で安全です。高いといっても、初乗りで約40ペソ(約100円)からとなっていて、日本よりも圧倒的に安いので、フィイリピンに英語留学に来られる方など、フィリピンに慣れていない方には安全面を考えたらおすすめです。

フィリピンの黄色タクシー

空港専用のタクシーは色が黄色で特徴的です。

フィリピンのタクシーの乗り方

日本同様、町中どこでも走っているので、道端で手をあげれば基本的にどこでも捕まえることができます。停まってもらって車内に乗り込んだら、運転手さんに行き先を告げます。日本と同じですね。

移動をスムーズにするためにも、目的地は必ずしっかり調べておいて、場所名やその場所の住所等をスクショしておくなどして必ず控えておき、運転手さんに告げるようにしましょう。

フィリピンのタクシーの乗車中の注意

乗車して行き先を告げたら、必ずメーターを押してもらいましょう。中にはメーターを押さずに走り、到着時に高額な金額を請求してくるドライバーもいますので、、、

そして、乗る前には、小銭や20ペソ、50ペソ、100ペソ札などの小さいお金を用意しておくとベターです。持っていない場合は、コンビニ等でお水やお菓子を買ってお金をくずしておくとよいです。

フィリピンの白タクシー

小銭をあまり持っていないドライバーさんもいるので、500ペソや1000ペソで支払うと断られるケースもあります。

また、中には悪質で横柄なドライバーも中にはいますので、初めてフィリピン留学に来る方や、女性は特に気を付けましょう。

海外に慣れていない人は一人で使うのは避けたほうが無難です。

フィリピンのユニークな乗り物6:グラブ(Grab)

最後にこちらは、公共交通機関というよりは、自分のスマホにアプリをダウンロードして、アプリ経由でピックアップポイントと目的地を設定すると、近くのグラブドライバーが反応して迎えにきてくれます。

grabtaxiでルート検索

ドライバーはグラブに登録された方々ですし、最初から料金も設定されるのでぼったくられる心配はないですし安全です。

繁忙期やラッシュアワーは利用者が増えてなかなか捕まらなかったり、料金が高くなります。

フィリピンではとてもメジャーで、この類のアプリはいくつかあるのですが、その中でもフィリピンではシェアNo.1を誇ります。フィリピンに旅行や留学などで来られる方はダウンロードしておいて損はないです。

The following two tabs change content below.
英語力0レベルからフィリピンで起業。 背骨を骨折してからのちょっとオモロイ人生。 英語力0だった男がフィリピン留学をして2014年より学校経営。 マニラの大都市マカティと片田舎のサンペドロ市でフィリピン留学を提供しています。 フィリピン滞在歴8年の経験を元に現地の情報を発信します。