日常タガログ会話のまとめ

フィリピン留学で使える!日常タガログ会話のまとめ

みなさんこんにちは!フィリピンで英語学校を経営している校長のナオキです。

フィリピン留学に来られる皆さんはいろいろなところや情報媒体で『いま英語を学ぶならフィリピンがアツい!』という情報を入手して留学に来られている方が多くいらっしゃるかと思います。

昨今ではフィリピン留学は日本人の英語留学の新しい常識になりつつあり、その理由も様々で、日本から近く留学費用も他の英語圏の国などに比べて安い、そして国内で英語が第二公用語となっており国民の英語レベルが高いなどといった理由があると思います。

実際に他の英語圏でない国に比べてフィリピンは比較的英語がよく通じますし、街中の看板やショッピングモールのインフォメーションなども英語で表記されていたりします。

ただよく通じるとはいえどもフィリピンでは英語はあくまで第二言語であって、母国語はタガログ語(フィリピノ語)という言葉です。

日常タガログ会話のまとめ

そこで今回はフィリピン留学でお世話になっているフィリピンの母国語タガログ語について書いてみます。

フィリピンは多言語国家、英語は公用語、タガログ語は母国語

フィリピンは多言語国家で、国内だけで170以上の言語があると言われています。タガログ語は首都マニラのあるルソン島の中南部を中心に話されている言葉で、数あるフィリピンの言語の中で第一公用語(国語)となっています。

フィリピン人は家族や友人などフィリピン人同士で話すとき、メールやチャットをするときには基本的にみんなこのタガログ語で話したり書いたりします。

みんな幼いころから英語を勉強してきているので、全体的に英語力は非常に高いですが、生まれてから日常的にずっと話してきている言葉はタガログ語なのです。※一部当てはまらない方もいます

なので、フィリピン人にタガログ語で話しかけるとよく通じますし、何よりも喜んでくれる人が多いです。

日本で外国人が日本語を話してくれるとうれしいですもんね!それと同じですね!

前置きが長くなりましたが、今回は日常生活などで使えるタガログ語を少しご紹介していきたいと思います!

タガログ語の基本表現(挨拶・自己紹介)

一日の始まりでもある挨拶や相手に自己紹介をすることは世界共通で大切なことですね!

タガログ語の基本表現(挨拶・自己紹介)

ここでは、基本表現を含めた日常頻出表現をいくつかご紹介していきたいと思います。

Magandang umaga マガンダン ウマガ

おはよう

Magandang hapon マガンダン ハポン

こんにちは

Magandang gabi マガンダン ガビ

こんばんは

Ako アコ

Ikaw イカウ

あなた

Ako si Takashi アコスィ タカシ

私はタカシです

Ako ay hapon アコアイ ハポン

私は日本人です

Kumusta ka? カムスタ カ

お元気ですか?

Mabuti naman マブティ ナマン

元気です

Hindi mabuti ヒンディ マブティ

元気ではありません

Paalam パアラム

さようなら

Ingat インガッ

気を付けてね

(Maraming) Salamat (po) (マラミン) サラマット(ポ)

(本当に) ありがとう(ございます)

Walang anuman ワラン アヌマン

どういたしまして

Pasensya ka na パセンシャ カナ

ごめんなさい

Oo(Opo) オオ(オポ)

うん(はい)

Hindi ヒンディ

いいえ

Sige スィゲ

じゃあね/OK・了解

Ok lang オッケー ラン

オッケーオッケー!/いいよいいよ!

Talaga? タラガ

本当ですか?

Paki ulit? パキ ウリッ

もう一度言ってくれませんか?

Magaling! マガリン

いいね!

Kumain ka na? クマイン カナ

ご飯食べた?

Masarap マサラップ

美味しい

(Sobrang) gutom (ソブラン)グトム

(とても)お腹が空いた

Busog ブソグ

お腹いっぱい

褒める言葉

タガログ語も話せるとよりフィリピン人と仲良くなれる

Maganda マガンダ

きれい/かわいい

Pogi ポギ

かっこいい

Gwapa! グヮパ

きみかわいーね!

Gwapo! グヮポ

お兄さんかっこいいね!

※「po」は語尾に付ける丁寧語で、日本語の「です・ます」のようなもので、礼儀正しく、好印象です。

タガログ語の質問/確認/位置方角など

次に、道を尋ねたり物の値段を聞く時や、タクシーなどに乗ったときに道の説明や質問をする場面で使う言葉をご紹介していきます。

タガログ語の質問/確認/位置方角など

Makikiraan po マキキラン ポ

すみません

Ano ito? アノ イト?

これは何ですか?

Magkano ito? マグカノ イト?

これはいくらですか?

Ito/Iyan イト/イヤン

これ/あれ

Dito/Dyan ディト/ディヤン

ここ/あそこ

Ano アノ

なに

Saan サアン

どこ

Sino スィノ

Kailan カイラン

いつ

Alin アリン

どれ

Bakit バーケッ

なぜ

Kanino カイノ

誰の

Ilan イラン

いくつ

Itaas イタアス

Ibaba イババ

Kanan カナン

Kaliwa カリワ

Deretso デレッチョ

まっすぐ

Harap ハラップ

Likod リコッド

後ろ

Pala po パラ ポ

(ここで)停めてください ※タクシーなどに乗車中

タガログ語の数の数え方

フィリピンでは日常生活で数を数える際にはタガログ語はもちろんですが英語やたまにスペイン語が使われたりもします。

タガログ語の数の数え方

今回はタガログ語の数の数え方を少し紹介していきます。

1 Isa/イサ

2 Dalawa/ダラワ

3 Tatlo/タットロ

4 Apat/アパト

5 Lima/リマ

6 Anim/アニム

7 Pito/ピト

8 Walo/ワロ

9 Siyam/シャム

10 Sampu/サンプ

11~19は頭にlabingを付けるだけです。簡単ですね!

例 1 labing isa 12 labing dalawa 13 labing tatlo…

20~99までも法則に則って語尾にptが付きます。

例 20 dalawamp 25 dalawamp’t lima 30 tatlumpu 33 tatlump’t tatlo 56 limampu’t anim…

※10以降はタガログ語はあまり使われず、フィリピン人でも10以降の数字は基本的に英語を使って表しています。

いかがでしたでしょうか?

簡単なタガログ語でも話しかけてみるとフィリピン人は親近感を覚えみんなとても喜んでくれます。

もちろん多くの方が英語は通じますが、フィリピン人と距離を縮めたい方は是非ともタガログ語にも挑戦してみてください。

当校のレッスン中でも時々タガログ語を教えてもらっている生徒もいます。先生と仲良くなったりコミュニケーションを取る手段の一つととしてタガログ語を学んだりしています。

ただ、英語の勉強が目的で留学に来られている方は、タガログ語ばかりでコミュニケーションを取っていると、英会話の練習がおろそかになり本末転倒になってしまうのでほどほどにしましょうね(笑)

もちろん他にもまだまだたくさんのフレーズがありますので、また別の機会にもいくつかご紹介していきたいと思います。

この記事を見て留学された方にはマイスタ特典がつきますよ!留学の相談をしたい方はこちら

お問い合わせ内容に『マイスタの記事読みました』とご記入して4週間以上留学してくれた方には15000円分のレッスンチケットプレゼント中です!(4週間以内は5000円分のレッスンチケット)

15,000円分のレッスンチケット
The following two tabs change content below.
英語力0レベルからフィリピンで起業。 背骨を骨折してからのちょっとオモロイ人生。 英語力0だった男がフィリピン留学をして2014年より学校経営。 マニラの大都市マカティと片田舎のサンペドロ市でフィリピン留学を提供しています。 フィリピン滞在歴8年の経験を元に現地の情報を発信します。