パスポート5年と10年どっち?メリットとデメリットを比較!

パスポート5年と10年どっち?メリットとデメリットを比較!

海外へ留学や旅行へ行くなら必ず必要になってくるのがパスポートですね。

通常であればパスポートは5年用と10年用のものから好きな方、正確に言えば目的に合わせた方を取得されると思います。

パスポートの有効性だけを考えれば10年用のパスポートのほうがいいのは一目瞭然なのですが。

実はデメリットもあったりするので、その辺は取得前にチェックしておいた方が良さそうです。

パスポート5年と10年どっち?メリットとデメリットを比較!

それでは比較してみましょう。

5年用パスポートと10年用のパスポートの費用、特徴を比較

それでは5年用と10年用のパスポートの費用と特徴をそれぞれ比較して、どっちが適切か書いてみたいと思います。

まず結論から言ってしまえば、パスポートの使用頻度がそれなりにあるひとは確実に10年用のパスポートの方がお得です。

そりゃそうですよね、倍の期間を有効に使えるパスポートですからね。

5年用パスポートと10年用のパスポートの費用、特徴を比較

で、きになるお値段ですが、5年用、10年用はそれぞれこちら。

10年有効のパスポート:合計16,000円

5年有効のパスポート(12歳以上):合計11,000円

5年有効のパスポート(12歳未満):合計6,000円

費用で言えば10年用のパスポートは5年用の約1.5倍!

だけど期間は2倍!

当然ですが、10年用の方がお得です。

それにページ数も5年用と10年用では違います。

10年有効のパスポート:44ページ
5年有効のパスポート:28ページ

こちらも5年用に比べて10年用のパスポートのページ数は1.5倍ほどですね。

ですが、フツーに海外旅行や留学だけでパスポートを使うなら5年用の28ページでも十分です。

これだけのページにイミグレーションのスタンプを詰め込むのはかなりの旅人や海外出張が基本のビジネスマンでなければそうそうないと思います。

万が一、ページ数が足りなくなりそうな場合はパスポート増補といってページ数を40ページ追加してもらえるので、5年用でも最大68ページ(10年用なら84ページ)も使うことができます。

※パスポート増補は1回のみ!2回目以降はパスポートの再発行手続きになります。

と、2つを比較すると10年用パスポートの方がお得だとわかりました。

しかし、必要以上にいらないって人や特定の条件下では5年用のパスポートの方が良かったりするので、書いておきたいと思います。

5年用のパスポートの特徴、メリットとデメリット

まずは有効期間の短い5年用のパスポートから。

5年用のパスポートの特徴、メリットとデメリット

黒いパスポートでお馴染みの5年用パスポート。自分もこちらのパスポートからデビューしました。もしかしたら5年用パスポートからデビューした人は多いのではないでしょうか。

というのも、未成年は5年用パスポートしか交付されないというルールがあるのです。

※未成年(20歳未満)の場合は5年間有効なパスポートのみ

また5年用のパスポートは年齢によって金額が変わってきます。

12歳を境に12歳以上であれば11,000円。

12歳未満であれば6,000円という設定。

赤ちゃんでも必要になるので、ご注意を。

未成年は必ず5年用のパスポートしか保持することができないのですが、成年となった大人の人たちにとって、5年用のパスポートのメリットや最適なパターンを考えてみたいと思います。

まずもっと多く言われているのが結婚などによる氏名の変更。

10年又は5年の有効なパスポートをお持ちの方が、氏名・本籍・性別・生年月日に変更があった場合、パスポートの記載事項を変更しなければなりません。この場合、お持ちのパスポートを返納していただいたうえで、次のいずれかの手続きが必要です。いずれも新しいパスポートはパスポート番号が変わります。

参考:東京都生活文化局より

つまり結婚まぢかの人は2択だと思います。

①結婚して姓を変えてからパスポートを申請する。

②結婚はするけど姓は変えない。

現実的にはこれのどちから。

そして長い目で見たら①を選択する方が良さそうですね。姓を変えないのはいいと思いますけど、その理由がパスポートってのはあまり聞いたことがありません。(笑)

パスポートの性質上、結婚などにより姓が変更してしまうときに発生するようです。つまり10年以内に結婚しそうな相手がいるという直感が働く方は5年用の方が良いという結果です。

逆に言えば成年になっていて5年用のパスポートを取得する理由としてはこれくらいかなと。

それ以外とすれば「海外には興味ないけど、会社の旅行、修学旅行で〜」といったパターンくらいじゃないでしょうか。

修学旅行だと確実に未成年だと思うのでもれなく5年用ですけどね。

10年用のパスポートの特徴、メリットとデメリット

次に10年用のパスポートについて。

10年用のパスポートの特徴、メリットとデメリット

10年用のパスポートは5年用に比べて有効期限が長いことがメリットですし、全ての理由がそれにひもづくものなので、有効期限が単純に2倍!

ってことだけで良いかと。

単純計算で、5年用の1.5倍の金額で2倍の期間使えるので、手間などを考えると10年用パスポート一択かなと。

5年用と10年用を比較すると圧倒的に10年用の方がコスパが良いことがわかりました。

ただし結婚予定の方に関してはこの限りでない。

と、いったところでしょうか。

パスポートを取得する注意点

最後にパスポート取得における必要な注意点をいくつか書いておきたいと思います。

パスポートを取得する注意点1:発行まで時間がかかる

パスポートを申請できる場所は市区町村によって違いますが、基本的に1週間以上かかります。

パスポートを申請できる行政機関に書類を提出したタイミングから土曜・日曜・祝日・国民の休日・年末年始(12月29日から1月3日)を除いて6日かかります。

つまり海外旅行などを予定する場合はその最低でも2週間前は必要ってことですね。

さらに年末年始やGWなどの大型連休が近い場合はさらに計算して作成しておきましょう。

パスポートを取得する注意点2:ローマ字に注意

例えば名前が「オオタ ユウキ」だった場合。

ローマ字にすると「Ota Yuki」?

それとも「Oota Yuuki」?

それとも「Ohta Yuuki」?

など。

日本語の名前をローマ字にしたらこんな疑問を抱いた人は多いはず。

「オオタ ユウキ」という名前の場合、パスポートに書く正しい名前は「Ota Yuki」だそうです。

これにはルールがあり、次のように決められています。

  • 末尾の長音の「お」は「O」で表記します。
  • 末尾以外の長音の「お」は「O」を表記しません。
  • 長音の「う」は末尾であるか否かに関わらず「U」を入れません。
  • 例として松浦(まつうら)の「つ」と「う」の関係は省略しません。
  • 撥音(はつおん)「ん」は「N」で表記します。
  • ローマ字表記が「B」「M」「P」の前は「M」で表記します。
  • 促音(そくおん)「っ」はローマ字の子音を重ねて表記します。
  • ローマ字表記が「CH」の前は「T」で表記します。

結構、しっかり決められているので自分の名前が該当する場合はしっかりルールに沿って作りましょう。

これがどこで問題になるかというと航空券を買った際の名前とパスポートの名前が一致してなければ搭乗できないってことです。

なので超重要なので覚えておきたいところですね。

パスポートを取得する注意点3:戸籍抄本が必要

パスポートを取得するには戸籍抄本が必要になります。

一般的な知識かもしれませんが、あまり取得する機会がないのでどこで取るかわからない場合も多いかもですね。

これは本籍地でなければ取ることができません。

つまり出生地、いわゆる実家がある土地の市区町村で取得するもの。

間違えていけないのは現住所が登録されている住民票の市区町村でないのでお間違えなく。

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。