【体験談】英語教育者から学ぶ「英語人生」の価値と人生!

【体験談】英語教育者から学ぶ「英語人生」の価値と人生!

我々Sky Mates 7がいつもイベントを開催しているスカイラウンジでは英語学習者向けのアカデミックな内容をシェアする勉強会も開催してます。

英語習得の研究・共有を通して日本人のグローバル化を標榜するGLOBIA(グロービア)を運営する我らがSKY MATES 7のメンバーであるDaisuke氏が、第4回目となる「My英語ストーリー」を開催してくれました。

【体験談】英語教育者から学ぶ「英語人生」の価値と人生!

毎回、英語の達人をゲストを招いて、その方の”英語と共に歩んだ人生”のストーリーを語ってもらうイベント。今回から大濠公園の景観の素敵な、僕らの本拠地のラウンジで開催いたしました。

第4回目!福岡で開催!My英語ストーリー交流会!

今回で第4回目となる「My英語ストーリー」交流会。15名の参加者にお集まりして頂きました。

前回の第3回目も僕は参加させて頂きました。その時の内容もレポートしてます。

第3回★My英語ストーリー★ランチ会with福田Monq氏

そして第4回となる「My英語ストーリー」交流会のゲストでもあり、令和時代最初のゲストは、エデュソルイングリッシュ代表の和田峯篤史先生

オーストラリアでのジャーナリスト経験にもとづく幅広い知見から、教育にアプローチし、学生から60代まで幅広い生徒さんに英語指導をしているそうです。

My英語ストーリ会inスカイラウンジ5
ご本人のご希望で顔出しは控えさせて頂いております。

「My英語ストーリー」交流会は週末の昼間に開催されることが多いのですが、開始時間のだいぶ前から、ぞくぞくと参加者が集まってこられ、15名ほどの参加者になりました。今回は女性多めでしたね。

第4回のMy英語ストーリー交流会では、ゲストスピーカーの和田峯先生より大まかに、3つのテーマで話を進めてくださいました。

テーマ1:学生時代、記者経験を経て教育業に至る半生
・偏差値35から70に上げた、学生時代の起死回生エピソード
・「勉強法」のための『勉強』の成果
・某○○大学の教授は「じじいの玉突き衝突」の如し(爆笑)
・和田峯流!通勤通学時間の隙間学習メソッド
・予備校講師との出会いがターニングポイント

テーマ2:職業選択、経営における仕事観
・自分が心底没頭できる場所(環境)を選ぶ
・単語(business,student等)の由来を教えられるか?
・資格を取得後、それに見合う自分になる努力が大切
・GEのジャック・ウェルチ30人のリーダーシップ戦略
・出来ることに全力を尽くすことが、信頼につながる

テーマ3:「人」と「人生」について、大切にしていること
・人を助けるには、「結果」(実績)がいる
・学び上手な人、学び下手な人の違い
・人生に無駄はなく、付加価値へと変える
・米中貿易摩擦が与える英語教育への影響
・時代の流れを先読みした、キャリアの再構築が重要

他にも、ここに書ききれない内容を含め、 箇条書きで、ざっと26項目にもなっていました!とにかく次から次へ深い知識と経験からくるおもしろトーク満載で、聞いてて飽きない内容でした。

その中から僕の感想を含め、My英語ストーリー交流会へ参加したことで知れた英語という言語そのもの発見について書いてみたいと思います。

My英語ストーリ会inスカイラウンジ1

英語という一つの手段(スキル)を起点に、 仕事、経営、政治、経済の多岐にわたる分野にまで話を拡げ、人生の全体最適化につながる内容(物語)をシェアして下さり、 皆様、真剣な表情で、黙々と聞き入っていましたよ。

僕自身が感動したポイントは3つありましたので、それぞれ書いてまとめたいと思います。

英語学習ポイント①「好きなこと」こそが人生の答え。

和田峰先生は猛勉強と留学により、海外で通訳やジャーナリズムの道に足を踏み入れました。

でも結局そこでは縁がなく、考え至ったのが「教える」という人生だったそうで、それが今の指導者としての成功につながった転機だったとのこと。

そのときのポイントというのが、やはり「好きかどうか」だったということです。やはり好きなことにこそ、本当の縁があるんですね。

英語学習ポイント②伸びるにはプラスのモチベーションとマイナスのモチベーションの両方が必要。

英語に限らずですが、これも、まさにそうだと思いました。

何かの能力を伸ばすのに必要な力とはプラスのモチベーションとマイナスのモチベーションの両方が必要だという事実です。

例えば「頑張って合格したら、こんなイイことがある!だからもっと頑張ろう!」というプラスの動機づけ。ワクワクする感じですね。

My英語ストーリ会inスカイラウンジ3

そして、「もしダメだったらこんな目に遭う。絶対イヤだ!頑張るしかない!」というマイナスの動機づけ。

大袈裟でもなく、人は恐怖感でこそ頑張る性質がありますもんね。これら二つをうまくもてるようになれたらいいなと思いました。人に何かを教えるときもそうですね。

英語学習ポイント③素朴な疑問が重要!

何かを教えるとき、「そもそもなんでこうなの?」という疑問をもたせるようにする。その疑問は単純であればあるほどいい、というものです。

生徒にとって、いざ勉強する時に「勉強」という意識だとハードルが高いですよね。

でも「そもそもなんで?」という疑問を促し、それに答えるようにすると、子供にとっては「なんだ、それでいいんだ!」と心の負担が軽くなるということです。

My英語ストーリ会inスカイラウンジ4

これは僕ら自身の英語学習にとってもそう。例えば単語を覚えるときにただ丸暗記するよりは、語源を知る。

例えば studentっていう単語。これは勉強する”study”と、人を意味する”ent”の組み合わせ、つまり「勉強する人」っていう意味になる組み合わせで出来た単語だったんですね!

例えば business。これは”busy” 忙しいと、「状態、性質」を表す “ness”の組み合わせ。

これを聞いたとき、なるほど!と思いました。丸暗記するよりは心の負担が軽くなる気がしました。

英語はコミュケーションの一部でゴールではない!

Sky Mates 7主催の国際交流会もそうですが、英語はコミュニケーションの一部で、ゴールではないと改めて思います。

今回のMy英語ストーリー交流会においても僕たちは”英語”というキーワードでスカイラウンジに集まったご縁でコミュニケーションが取れたわけです。

My英語ストーリ会inスカイラウンジ8

毎回参加して下さる、素敵な女性のHさん、Kさん。 お二人とも、すっかり意気投合されてましたね。

終わった後は歓談タイムで自由解散だったんですが、みなさん交流に花が咲いてなかなか帰ろうとしない笑。

でもそれだけ実のある会だったのかなと思いました。これは今回に限ったことではなく、前回もそうだったんですが。

My英語ストーリ会inスカイラウンジ2

次回はどんなゲストによるどんな「My Story」を聞けるのか。個人的にとっても楽しみにしているイベントです。

今後の情報はGLOBIAフェイスブックページ、およびSkyMates7フェイスブックページにてご報告いたします。乞うご期待☆

The following two tabs change content below.
「国際っぽいことをやるプロ」になりたい、と決意し、国際っぽい人生を始めてしまう。まず世界各国からの旅人が集って英語でヨーロッパ一周をするツアーに、英語力もないまま参加して痛い目に遭う。 以来、マレーシア留学、セブ留学を経たのち、留学支援会社設立、国際交流パーティー主催など、「国際っぽいことをやるプロ」としての歩みを続ける。 一般社団法人スカイゲートインターナショナル 代表理事、国際交流チーム"SKY MATES 7" メンバー [得意なこと] DJ、写真、インターナショナルっぽく振る舞うこと