日本人が英語の発音を正しくできない理由はカタカタによる支配だった

日本人が英語の発音を正しくできない理由はカタカタによる支配だった

I am a high school student.

を、正しく発音してください。

「アイ アム ア ハイスクール スチューデント」

ですよね。

学校で習う英文法のよくある例文です。意味は「私は高校生です」って意味なんですけど、実は発音をカタカナ表記して覚えると後々たいへんになります。

そこで今日のお題はこちら。

日本人が英語の発音を正しくできない理由はカタカタによる支配だった

です!

文書で表す場合、英語はカタカナ表記するで大丈夫ですが、発音を「アイ アム ア ハイスクール スチューデント 」と言ってしまうと大間違え。

え?違うの?

はい、「違う」んです。

この違う理由と、それによって引き起こされている日本人が正しく英語を発音することが難しい理由を書いてみたいと思います。今日はカタカナからの解放宣言をします!

なぜ日本人は英語の発音がうまくできないのか?

ではでは、日本人が正しく英語の発音が上手くできない理由について書きたいと思います。

それはズバリ、カタカナ発音による脳の支配です。

例えば次の英単語を正しく発音してみてください。

variety

日本語で「バラエティ」ってなりますよね。

しかし正確には正しくありません。言語の違いによる弊害なんですけど、「variety ≠ バラエティ」なんです。

では、日本語で「variety」はどうやって書けばいいのか?

誠に残念ですが、正確な発音を考慮すると日本語では「variety」を表示できません。

なぜなら日本語には同じ音が存在しないからです。

つまりカタカナでバラエティと発音を覚えてしまうと、ネイティブと違った発音でvarietyと覚えてしまうわけです。

では、どうすればこの問題を突破できるのか?

それはカタカタからの解放です。

日本人に必要なのは脱カタカナ洗脳

カタカナで英語を覚えるようになってしまっているのは、日本の英語教育の負の財産的な感じなんですけど、事実ですよね。

間違えた発音のまま英語を覚えてしまうカタカタ英語の発音で起きる問題。

英語の発音を暗記したと思い込んだ発音は英語の音ではないってことです。

英語の発音だと思った音は実はカタカナでして、脳の中に記憶される音は英語でなく日本語のカタカナなわけです。

これらの理由から、日本人が英語の発音を難しく感じてしまう理由になります。

そこでまず、日本人が正しく英語の発音をするのであれば脱カタカナ洗脳が必要になります。

※脱カタカナ洗脳とは専門用語であり一般用語ではありません。この記事でそのように呼んでます。(笑)

ではこの脱カタカナ洗脳はどうやりましょうか?

ってところが今回の論点です!

英語には日本語に存在しない発音がある

日本語は世界中にたくさんある言語の中でも音の数が少ない言語です。

例えば母音であれば日本語だったら5つしかないんです。

「あ、い、う、え、お」だけです。

ちなみに、英語だと母音の数は16個もあります。

かなり違いますよね、「あ、い、う、え、お」みたいなレベルの音が16個もあるんですよ。

表に母音だけまとめるとこんな感じ。

記号発音解説単語例
ʌ勢いのあるアbut, fun, come
æ喉の奥を締め付けるcamp, bath, fan
ɚアー舌を浮かせるbird, term, third
aiアィアにイを付けるeye, iron, idea
auアゥアにウを付けるhouse, out, count
άアォ口を縦に開けてオを混ぜるhot, not, lock
i日本語のイfit, income, hit
i:イー唇を横に引くfee, she, believe
u唇を出すbook, should, put
u:ウー大きく唇を出すto, loose, through
e日本語のエlet, lead, air
eiエィエからイに移動fate, they, great
ɔiオィオにイを付けるboy, joy, join
ouオゥオにウを付けるnote, no, slow
ɔ:オォ口は縦で舌を引くcloth, cost, dog
əァィゥェォすべての中間で弱音about, tulip, calcium

英語は母音だけでこんなにあります。ヤバいでしょ。

これくらい日本語と英語で違うので、やはりカタカナで英語の発音を表示するのはそもそも間違えているわけなんですよね。

じゃ、今日からカタカナ禁止ね!

って言ってもいきなりは絶対しんどいはず。(笑)

そこで徐々に慣れていきたいところですが、出来るだけ早く解決したいところ。

そこでこの脱カタカナ洗脳を継続するためにオススメの行動をちょっとだけ、提案してみました。

脱カタカナ洗脳の第一歩は話す環境作り

人間は環境に超左右される生き物です。

そこで環境を自分の望んでいるものに変えていくことが絶対条件です。この手法は脱カタカナ洗脳に限らず全てのことに当てはまります。

脱カタカナ洗脳の環境づくりにオススメの提案をいくつか考えてみました。

国際交流系のイベントに参加して外国人友達を作る

外国人と出会いたいのであれば、ソーシャルで出会うのが今の時代、最も簡単なやり方かも知れませんね。

脱カタカナ洗脳にオススメしたいイベントは、もちろん国際交流系のイベントです。

福岡でオススメする国際交流イベントを探すツールをこっちの記事で紹介してます。

【実用的】福岡でソーシャルイベントを探せる便利なサイト7選!

言語に関しては、外国人の友達を作るのが何より早いですよ。

英語を教えている人に聴く

次の提案は英語のプロに聴くことです。

プロに聞くって当たり前のようですけど、やはり近道です。

こちらも今の時代ソーシャルを使うと簡単に出会えるので、難易度は高くないと思います。英語を教えている人もたくさんイベントを主催してくれてますしね。

ミートアップとかクラウドソーシング系のサイトで調べれば簡単に出会えると思います。

こちらについては意外にもジモティーとか穴場ツールでオススメです。(笑)

オンライン英会話でひたすら英語を話す

低価格で、しかも今の生活のまま行える方法がオンライン英会話。

最近、本当に安いオンライン英会話多いです。サービスによっては1回あたり200円程度のものもありますからね。

しかし値段だけで選ぶとちょっと脱カタカナ洗脳は解けないかも知れません。

値段が安いという理由とは、品質と反比例している場合もあるので、入会する前にしっかりと検討された方が良いと思います。

また目的が脱カタカナ洗脳に限定するのであれば発音を重視しているコンテンツを積極的に採用した方が良いと思います。

脱カタカナ洗脳のやり方ってたくさんあります。

手段はどれでも良いと思いますが、結局は行動することが最初の一歩ですね!

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。