日本の歴史を英語で紹介!歴史のクオリティが高過ぎ!1

日本の歴史を英語で紹介!動画のクオリティが凄過ぎ!

英語で日本の歴史を紹介している動画がありまして、その動画のクオリティが非常に高いことと、この動画を見ることで英語学習も可能と思います。

今回紹介する動画は日本の歴史を英語で紹介しています。それもかなり忠実に詳しくです。

正直、日本人でもここまで詳しく日本の歴史を話せるのは好きじゃないと無理だと思いますね。(笑)

日本の歴史を英語で紹介!歴史のクオリティが高過ぎ!1

それくらいクオリティの高い動画だと思いますので、ぜひ、英語学習だけに限らず見てみてください。

日本の歴史を英語で紹介する動画が凄い!

今回、紹介するのはYoutubeに投稿された日本の歴史を英語で紹介する動画「History of Japan」という動画になります。こちらがその動画なんですけども。

動画の長さはちょうど9分あるんですけど、わずか9分で2000年以上ある日本の歴史を綺麗にまとめている動画です。

動画のスタート地点は氷河期からの設定で、日本人の祖先にあたる人たちは氷河期に大陸と日本列島が繋がっていたため、移動してきたという描写があります。

動画は非常にスムーズな流れで構成されていて、かつ英語は実用的な表現が用いられています。例えば移住してきたという言葉を英語にすると「move to」とか「emigrate」等になると思いますが、動画では「walk to it(歩いていく)」という風に表現してます。

これって動画の中で人型のアイコンが大陸からズラーッと移動する動きに合わせて表現しているんのですが。長い時間軸で見るとその移動は移住になりますが、短い時間軸で見るとそれは歩いて渡るという表現になるんですね。

このような感じで使われている表現方法は文書というよりは動きを会話表現している動画なので日常会話でもそのまま使える表現がたくさんあるなと思いました。

日本の歴史を英語で表現!平安時代編

日本の歴史が幕開けしていくわけですけども、最初は農業が盛んという動画があり、その次に中国との関係性などから日本がなぜ日本になったのかという理由が英語で表現されています。ここで問題。

日本はなぜ「日本」という国の名前になったでしょう?

実は動画の中で紹介してますが、中国から日本(その当時は移動型民族として取り扱われていた)の呼び名を決めてくれと言われ、中国から見て、東に位置する日本は太陽の上る場所。つまり、

日本の歴史を英語で紹介!歴史のクオリティが高過ぎ!4

となったんですね!これ!結構、深いなぁと思いました。

知ってました?

日本の由来。

我々、日本は日の出る(本)国(Sun Rise)という意味なんですよ。素晴らしい国名じゃないですか。

そんな事も英語で学習できる動画です。

日本という名前も無事に決まりまして、時代は進んでいきます。

平安時代に入り、天皇制が政治システムとして起動し始めるなどの説明があります。

日本の歴史を英語で紹介!歴史のクオリティが高過ぎ!2

この辺り、歴史に興味がなければすっかり忘れてしまいがちな時代ですけど、この動画はアクションも多く、見飽きずに見れるオススメの動画です。

日本の歴史を英語で表現!戦国時代編

日本の歴史は平安時代から鎌倉時代、そして室町時代へと移行していきますよね。そこから関ヶ原の戦いまでは日本国内が最も乱戦の時代だったなと思います。いわゆる武士の時代ですね。

鎌倉時代〜室町時代まではそこまで国内のことに触れず、鎌倉に将軍が誕生しましたくらいの情報でした。あとは元寇が発生し、台風が二回登場しモンゴル軍を撃退します。(笑)

元寇に関しては台風以外の諸説もありですが。

そこまでは簡潔にまとめられているんですけど。ここから戦国時代が動き出します。ご存知の通り室町時代に起こった応仁の乱ですよね。

個人的にはここからが日本史の最も面白いところですよね!

応仁の乱以降はかなり内容も濃く書いています。

日本の歴史を英語で紹介!歴史のクオリティが高過ぎ!5

織田信長が今川を倒し、京都を占領し、当時の室町幕府だった足利家を追放。室町幕府解散となり戦国時代になります。

そして明智光秀による本能寺の変で信長は倒れ、秀吉が変わって全国統一を果たすという流れが忠実に描かれています。

朝鮮出兵の失敗なども書かれており、その後おこる関ヶ原の戦いも漏れなくあります。

けど内容はなくて一瞬で終わりますね。まぁ本当の関ヶ原の戦いも半日で決着がついたので、歴史軸で考えれば一瞬かもですが。(笑)

日本の歴史を英語で紹介!歴史のクオリティが高過ぎ!6

そこから江戸時代に突入という流れがしっかりと英語で表現されてます。

この動画、本当によく日本の歴史を勉強しているなぁと思いました。英語で表現されているので、日本人向けの英語&歴史教育としてオススメしたくなります。

日本の歴史を英語で表現!近代編(江戸〜平成)

江戸以降は近代に突入です。

江戸時代で生まれた文化なども表示されてます。(銭湯、歌舞伎など)

江戸時代はまだ天下泰平の世でしたが、明治維新以降は戦争の時代だと言っても過言ではありません。また歴史軸で言えば最近となるので、内容がより一層濃くなります。

動画はちょうど9分の内容ですが、江戸時代以降(黒船来航)からの内容が約半分を占めてます。それくらい近代は情報も多く残っているからでしょうね。

この動画を見て思いますが、明治維新以降の日本は本当に凄い変化していった国だなぁと思います。(あ、決して右翼ではございませんw)

日本の歴史を英語で紹介!歴史のクオリティが高過ぎ!3

第一次世界大戦、第二次世界大戦では日本だけでなくヨーロッパの情勢なども描かれています。

ただ内容が9分と短いのでなぜ太平洋戦争が起こったのかなどの詳細な部分は説明がないので、この動画だけ見ると少し日本がただ戦争を仕掛けただけみたいに見えるところもあるかもですね。

特にパールハーバーの攻撃はすっごい簡潔に表現なので、その前後は欲しいかもですね。

今月(2019年5月1日)より年号が新しく『令和』となりましたねー。

平成時代は過去のものとなり、また1つ新しい歴史が始まりました。歴史は非常に重要なのですが、日常ではあまり取り扱わなかったり、利害関係があると腫れ物だったりするので、表現が難しいところはあります。

でも歴史を英語で学習することで注目し、興味をもって学習できるのでとても良いと思います。

英語と歴史(日本史)を同時に勉強できるオススメの動画です!

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。