【旅人必見】旅で使えるオススメサイト列挙します【まとめ】

【旅人必見】旅で使えるオススメサイト列挙【まとめ8選】

今回は旅する時にめっちゃめちゃお世話になったウェブサイトを紹介したいと思います。

ズバリ!旅人にオススメしたい便利なサイト!を列挙しちゃいます。

実際に旅した時にお世話になったサイトなので、ぜひ活用してみてください。

どこの国に行っても使えるので国内・海外関係ありません。

(例外があり、最後に紹介するウェブサイトは日本国内限定のサービス)

有名なサイトも多いので既に知っているサービスも多いかもしれませんが、旅人なら必見といってよいサイトだと思います。

【旅人必見】旅で使えるオススメサイト列挙します【まとめ】

では旅人必見のオススメサイト怒涛の8選いってみましょう!

【旅必須サイト】王道のホテル予約サイトBooking.com

まずは旅先で必須となる宿泊地ホテルの予約サイトからご紹介。

王道中の王道ですが、Booking.comは宿を予約するサイトの中でも万能型です。

掲載されているホテルのランクもピンキリで数が圧倒的ですね。

困った時はBooking.comで予約して、まず問題はないと思います。

更にBooking.comの最強な機能はキャンセルが超簡単(無料の場合も多い)に行えるところです。

キャンセルできる物件は「キャンセル無料」というマークがあるので確認してみてください。

予約ってキャンセルしづらいですよね。それにキャンセル料が発生するのが通常ですからね。

ホテル側も商売でやってますからキャンセルされては嬉しくないはず。

それはわかるので極力しないですけど、Booking.comであれば予約して一定期間中であればなんのお咎め無しでキャンセルができちゃいます。

Booking.comは超必須なオススメサイトです。

【旅必須サイト】ホステル専用予約サイトHostelWorld

続いてもう1つホテルの予約サイト。

っと言ってもこちらはホテルではなくホステルがメインに取り扱われているサイトになります。

その名前もHostelWorldです。まさにそのままですね〜。

掲載されている宿泊施設はホステルがメインなので単価が安いのが特徴です。

Booking.comはフツーに5STARのホテルとか掲載してますが、HostelWorldは1泊5ドルとかのホステルが掲載されています。しっかり差別化できてますね。

そう考えるとHostelWorldは限りなくバックパッカー寄りの予約サイトだと思います。その節はお世話になりました。

ただ掲載されている物件には偏りがあって主にヨーロッパや北米では非常に物件が多く、本領を発揮します。

逆にアフリカにはあまり強くありません。日本もヨーロッパなどに比べると少ないですね。

アフリカやオセアニア(オーストラリアとニュージーランド以外)にはホステルがないからだと思われます。

【旅必須サイト】現地人と交流できるCouchSurfing

次にオススメしたいのは現地人と交流できる旅人サイトカウチサーフィンです。

サービスが開始されてからは随分と月日が経ちますが、いまだに使う人には使われている愛されサイトですね。自分も旅人時代はヘビーユーザーでした。(笑)

【国際交流向けSNS】couchsurfing

コンテンツ自体はそこまで変化しているように思いませんが、サービス内容はこの規模では唯一無二な存在だと思います。

カウチサーフィンのサービス内容とは現地人の家に泊まらせてもらうというマッチングサイトです。

カウチとはソファーの意味で、空いた空間を世渡りする感じでサーフィンを結合した造語がカウチサーフィンです。

現地人の家に(基本)無料で泊まれるという画期的なサービス。

特に北米やヨーロッパじゃ当たり前に使われているサイトなので彼らの受け入れ感も半端ないっす。みなさん、ゲストに優しかったです。

ただ無料で泊まらせてもらうので、それなりのマナーやプロフィールをしっかり書き込んでおくことは必須な気がします。

誰だって不審な人とは遊びたくないですからね。

無料で提供して頂いてる感謝の気持ちが大事ですね。

【旅必須サイト】民泊専用サイトAirbnb

次に紹介するAirbnbは完全に民泊専用サイトです。

【国際交流向けSNS】Airbnb

日本の法律にも影響を与えたほどの社会現象となった民泊ブーム、副業ブームの仕掛け人的存在のウェブサイトですね。

サービス内容はカウチサーフィンと同じですが、こちらのAirbnbは完全に有料版と言った感じ。

なので副業として部屋を貸し出す人が多いです。

成約率も高く、個人の部屋なので独特な雰囲気があってこれはこれで楽しいです。

例えば教会で泊まるとか、キャンパーで泊まるとか。なかなか通常のホテル予約サイトでは見つからないロケーションで宿泊できるのもオススメ内容だと。

またAirbnbは宿泊以外にも提供されているサービスがあります。Airbnbを通じて体験をシェアすることもできるんですよ。

例えばこちら。

これはSky Mates 7の1人アヤミさんが主催している体験シェアです。

彼女の愛嬌キャラもあって人気ツアーになってるみたいです。

ツアーの詳しくはこちらからAyaに聞いてみてください。 → ローカルフードホッピング

Airbnbは旅する時だけでなく、外国人や旅行者と交流もできて副業としてお金ももらえるサービスです。

旅しなくても登録する価値があるAirbnbはオススメです。

【旅必須サイト】天気予報ならこのサイトWindy.com

さて、ここまでは宿泊施設関係のウェブサイトばかり紹介してきたので、そろそろ違うジャンルも紹介していきましょう。

旅行といえばやっぱり天気が大きく関係してきますよね。

冬であれば吹雪だと何もできないし、夏でも台風が上陸しては何もできません。

そうでなくても雨が降るか降らないかだけでインスタ映えは大きく影響しますからね。(笑)

でも天気予報って当たらない!

って思った人多いと思うんです。

やっぱりこれまでの天気予報のやり方だと局所的な天気を分析するには荒い訳で。

そこでオススメしたいのがWindy.comという地図とサーモグラフィーのような指数で天気予報を示してくれるサービスです。

例えば日本近海のWindy.comを表示するとこんな感じ。

これは降水量をサーモグラフィー風に示した内容になります。

右側にある低気圧のような存在があると一目瞭然ですよね。

この他にも曇りや風向き、気温なども動的にわかる素晴らしいウェブサイトです。

【旅必須サイト】航空券を取得するならSkyScanner

次は移動手段でとっても便利なウェブサイトの紹介。

移動手段と言いますが、航空券取得に特化したSkyScannerについてです。

出発する都市と到着する都市を入力して日付、人数を入れるだけで最適な航空券を表示してくれます。

これまでSkyScannerと似たような航空券検索サイトは存在してたんですけど、LCCは提携してないのか表示されないことが多かったのですが、SkyScannerにはLCCも含まれています。

だからより格安で行くチケットがいいのか、時間を優先して直行便がいいのかなど自身で判断できるのがSkyScannerのいいところですね。

SkyScannerで買わずとも一先ず航空券の相場を調べてみるのはオススメです。

【旅必須サイト】翻訳するならGoogle翻訳

こちらは海外に特化した便利ツールですが、Google翻訳はやはり便利です。

業務でも使われるくらい精度が高いと評価を受けているところ、さすがGoogle様ですねー。

しかも世界の言語のうち77ヶ国語に翻訳できるんですよ。

自分の中でお気に入りな理由もあって、フィリピンのセブアノ語に翻訳できるのです。

ちょっとタガログ語も混じってる感じもしますが、それでもセブアノ語があることに感動。

いやGoogleさん、さすがとしか言えないっす。

【旅必須サイト】ルート検索ならNaviTime

ここまで旅にめっちゃ便利なサイトを紹介してきましたが、さすがにそろそろ疲れてきたのでこれで最後にしたいと思います。(苦笑)

最後はルート検索です。

そのツールとはNaviTimeです。

ただこのサービスには他のサイトにないデメリットがあります。

それは日本国内しかNaviTimeは対応してません。海外志向のみなさん、すみません。

そこだけが他のウェブサイトに比べて劣るところかなぁと。

しかし日本国内だと専門なのでさすがのパフォーマンスを発揮します。

電車、飛行機、車、自転車、徒歩とか色々なパターンを調べてルートパターンや予算、時間見積もりを計算して算出してくれます。

カーナビの機能がパソコンやスマホでできる感じですかね。

欠点の海外に関してはGoogleMapで対応してもらえば問題ありません。

あー、紹介しまくったので今日は疲れました。

お疲れ様でした、俺。

以上、オススメサイトでした〜

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。