オススメのYoutube!英語で日本の地理はこれで完璧!

オススメのYoutube!英語で日本の地理はこれで完璧!

突然ですが、問題です!デデン!

四国の4県を全て答えてください!

・・・はい、どうですか?簡単でした?(笑)

って、このような質問がよく芸能人のクイズ番組(主にアイドルに対して)で出題されていたりするシーンを見るんですけど、結構知らない人多いんですね。四国。

地理マニアな自分としては「ほんまかいな!」とツッコミたくなるくらい地理に興味ない人は興味ないんですね。という事実に驚愕しました。

確かに九州に住んでいたら東北地方はよほど狙っていかない限り用事はないっすもんね。(逆に東北地方の人も九州や四国には用事ないんだろうけど)

とは言え、地理マニアな自分としては日本国民の皆さんにはどこに何県があるかくらいはせめて知ってもらいたい!という思いがありまして。(欲を言えば世界中の国)

こんな動画を見つけてきました。

今回紹介する動画を見れば、日本の地理と英語を同時に学習できるのでオススメしたいと思います。

日本の都道府県を全て英語で覚える

日本の都道府県が生き物のように喋る英語学習動画がYoutubeに上がっていたので、今回はその動画を元にお話ししたいと思います。

既にリンクを載せましたが、その動画は子供向けのYoutubeチャンネルで名前は「Kids Learning Tube」という人気チャンネルです。

Youtubeチャンネル登録者数は既に45万人(2019年4月時点)近くなっており、中々のYoutuberぶりを発揮してます。再生回数も既に3億回を超えてますね。

今回紹介する動画は日本の都道府県を英語で紹介している動画なんですけども、それ以外にもかなりマニアックな国のことも英語で紹介してます。どこの国で作られているのかわかりませんが、ラシュモア山の動画があるところを見るとアメリカだろうなぁと。

だとしたら日本に詳しいアメリカ人が作ったのか?はたまた日系アメリカ人なのか。そんな想像ができるくらい日本の都道府県を英語のリズムで紹介している動画です。

地理の動画から覚える英単語

それで、今回紹介している日本の地理動画から地理に特化した英単語として、次の英単語を覚えれると思います。

【英単語】地方:region

まずは日本が8つのブロックに別れて喋ってますよね。

動画の中では日本は次の地方で分けれられてます。

  • 北海道(Hokkaido)
  • 東北(Tohoku)
  • 関東(Kanto)
  • 中部(Chubu)
  • 関西(Kansai)
  • 中国(Chugoku)
  • 四国(Shikoku)
  • 九州(Kyusyu)

で、それぞれの地方が北海道から順番に九州まで喋ってるんですけど、それぞれの地方を英語でしっかりと表現してますね。

英語で地方は「Region」ですね。日本語で発音すると「リージョン」が近い音ですが、カタカナ表記はオススメしてませんので、動画を見て正しい発音で覚えてくださいね。

このRegionという単語は海外旅行でよく役立ちます。

旅行先でどこどこへ行きたいと行った時に「〜region」などと書かれている場合もあるので覚えておいて損はない英単語ですね。

動画は日本の地理を英語で説明しているので、多少早かったりわからない英単語があったとしても既に日本語ベースで知識があるので馴染みやすいと思います。

【英単語】県:prefecture

次に日本の都道府県を英語で表現しているので必然的に覚える英単語「県」から。「〜県」という括りを英語で表すと「prefecture」となります。発音は「プリフェクチャー」が最も近い音です。

動画の中でも47都道府県と示してますね。(47 Prefecture)

これもカタカナ英語なのでオススメしませんので、動画を見ながら正しい英語の発音を聞いてください。

この「Prefecture」のような地域ブロックにする考え方は日本の都道府県だけでなく世界中で採用されてます。また日本では都道府県でブロックを形成してますが、世界には様々なブロックが存在します。そのブロックの1つに「Prefecture」も存在するわけでして。

世界中で使われるブロックの概念の例。

  • Province(州・省・地方)
  • State(州・国家)
  • Region(地方)
  • Prefecture(都道府県)
  • County(郡・州)

ざっと思いつくだけでもこれくらいのブロック単位が存在します。あとは国によってどれを採用しているかで名称が変わってきますね。

例えば「Province」と「County」など日本語にすると同じ「州」となる英単語がありますよね。これはその国の採用方式によって変化するのですが、基本的には国ごとによって表現が違うくらいに思ってもらえればいいかなと。

ただ日本だとこんな感じの大小順位が存在します。

Province・Region(州) > Prefecture(都道府県) > County(郡)

お隣の国中国でも行政区分単位はかなり明確ですね。

Province・Region(州) > City(市) > Prefecture(都道府県)

なぜか中国では市の方が県より大きいとか。こんな感じで国によってブロックの概念は違うので、日本語での丸暗記は逆にしない方がいいってことになります。

ところで、海外にでた日本人の人が良く言う台詞ってご存知ですか?

日本人なのに日本のこと知らなくて恥ずかしかった。

これ、本当によく聞きます。海外に比べると日本は平和で、内戦なども長いこと起きてないので、自国に対する関心が低くなってるのかもですね。

なのでこの動画で日本の都道府県を英語で説明できるようになると外国人に胸を張って日本を紹介できるかも?

動画で英語学習の第二弾を作りました。こちらも併せてご覧ください。

【オススメのYoutube】惑星を英語で覚える!太陽系は完璧!

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。