福岡は本当に国際都市!?日本の外国人比率を検証しました!

福岡は本当に国際都市なのか?どの国籍の外国人が福岡に多いのか?

国際都市福岡にてプロ国際人として活動してますチームSky Mates 7の@tomitaicyoですー。

今回はですね、我々Sky Mates 7がメインで活動している福岡の国際都市レベルってどんなものなのか検証してみることにしました。

っていうのも日常的に外国人を見かけますし、ドラッグストアやドン・キホーテとか行けば中国人や韓国人だけでなく、東南アジア系の外国人がワンサカしてますよね。

福岡は本当に国際都市!?日本の外国人比率を検証しました!

でも、国際化って福岡だけなのか?みたいなちょっと斜め上から目線で国際都市福岡の国際都市レベルを検証してみたいと思います。

日本に滞在している在留外国人の数

ではでは、まずは日本全体の在留外国人の母数を確認してみましょう。

こう言うのは政府が発表しているデータが一番参考になります。

法務省HPにて確認すると。

平成30年6月末の在留外国人数は,263万7,251人で,前年末に比べ7万5,403人(2.9%)増加となり過去最高

平成30年6月末現在における在留外国人数について(速報値)

とのこと。平成30年とは2018年ですので、去年の6月時点で日本に滞在している在留外国人の数が過去最高の263万人を超えたということです。

おそらくですが、まだまだ増えている傾向にあるわけですから、今は265万人も超えているかもですね。

と言うことで、日本全体的に国際化していることがわかりました。

在留外国人の数が多い都市

更に細部について調査してみます。国際化が顕著な場所とそうでない場所の差について調査してみます。

こちらが法務省が発表している在留外国人の数を都道府県別に示したデータなんですけど、予想通り東京都がダントツの1位です。

今回の主役福岡県は第9位でした。九州だったらダントツ1位なんですけどねぇ〜、全国の壁は高いです。

日本全国の外国人移住人数統計

(赤ワクが福岡県の位置になります。東京は8倍くらいです)

1位の東京都は2016年6月末時点で既に50万人を超える外国人が滞在しています。

2位は大阪府だったんですけど、2016年からは愛知県(名古屋)になってます。この辺は職業事情もあるんだと思います。車産業強いですね。

日本全国的に言えるのは2015年から2016年にかけて大幅に数字が動いているのがわかります。

東京都(2015):462,732 → 東京都(2016):500,874

大阪府(2015):210,148 → 大阪府(2016):217,656

愛知県(2015):209,351 → 愛知県(2016):224,424

福岡県(2015):60,417 → 福岡県(2016):64,998

この2015年から2016年の間に日本の中でなにが大きく変わったのでしょうか。と調べてみると「one visa」という外国人就労に関係するサービスが開始されたみたいですね。

「one visa」とは企業が採用する外国人の在留資格の申請と管理を行うためのサービスの様で、従来より更に外国人が日本国内で就労しやすい環境構築の一環の様です。

「one visa」以外にも特定の国籍の旅行者に対して日本の観光ビザの規制緩和があった様で、特に東南アジアの国々(タイ・ベトナム・フィリピンなど)の人たちが日本へ訪問しやすくなったみたいですね。

7・8年前の中国人が大量に日本に訪れていた現象が今東南アジアの国々でも起こり出した感じだと思います。

人手不足の日本と雇用目的の外国人

それでは外国人(特に東南アジア)の観光ビザが以前に比べて条件緩和された日本国としての狙いはなんなのか、現在の福岡含め九州地方の問題と擦り合わせてみたいと思います。

九州地方だけでないですが、今の日本って従業員不足(労働者不足)に苛まされてますよね。特に地方で特定の業種は。

で、福岡で労働者不足が起こっている業種はどんなものがあるのか調べてみました。今回参考にさせてもらったのは『株式会社帝国データバンク』です。

調べてみたら次の業種が人材不足だそうです。『建設』『サービス』『小売』『運輸・倉庫』の業種。確かに福岡の街中にあるコンビニエンスストアの従業員はここ数年で東南アジア化しましたよね。明らかに。(笑)

その他にも倉庫や工場でも在留外国人が働いている現場が多くなっているみたいですね。日本やばいなー。大丈夫でしょうか。

この様にデータからしても日本がグローバル化することは必須なのがわかりました。

福岡は今後どの様にグローバル化していくのか

さて日本の地方で起こっている問題が発覚したところで、話をもう一度福岡に戻します。福岡の国勢調査の資料のデータを参考にしました。

福岡市の人口動向

まずは福岡市の人口動向ですけども、現在(2019年4月時点で既に158万人)からまだ人口は増える見込みで資料では160万人となってますが、まだまだ増えそうですね。(既に資料の見込み人口より多い)

そして外国人はどうなのか?という見込みもあります。

福岡市に住む外国人の割合推移

ここ数年で福岡の街中では外国人の存在が珍しいものではなくなりましたからね。また外国人の国籍も多様化したと思います。

福岡市に住む外国人の割合国籍別

福岡は他の都市に比べてアジアに近いので圧倒的に中国人と韓国人の比率が高いです。そして意外にも3番目に多い在住国籍がネパールなんですねー。

なぜネパール人にとって福岡が人気なのかはっきりしたことがわかってませんが、ネパールは世界の中でも貧困国であるため、海外で出れるだけで家系的に恵まれています。

その点を考えると地価や不動産が東京や大阪に比べて安い福岡を選ぶのも理由として考えられますよね。

以前、福岡県内の在留外国人比率調査を行ってみました。その結果で、上位を占めた自治体は・・・

福岡県外国人比率調査ランキング!一番比率が高い場所はここだった!!

また大学や専門学校の数も多い福岡市には多くの外国人留学生が滞在していることがわかる資料も公開されてます。

福岡市で滞在している外国人留学生

これらの資料を参考に、福岡市の今後はやはりグローバル化する傾向にあり、その中核となる国籍はネパールという結論です。これからはネパールの時代が福岡へやってくる!?

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。