福岡県外国人比率調査ランキング!一番比率が高い場所はここだった!!

福岡県外国人比率調査ランキング!一番比率が高い場所はここだった!!

福岡市内を歩いてると外国人がふつーにたくさんいるなぁと思いました。

特に某ドラッグストアやディスカウントショップなどで。

最近、いや、五年前に比べると明らかにガイコクジンが多くなったよね。(笑)

彼ら彼女らは観光で福岡を訪れているのか、もしくは住んでいるのか気になったので、今回は住んでいる外国人に焦点を絞って調査してみることに。

福岡県の中に外国人ってどれくらい住んでいて、福岡のどこの地域にたくさん在住しているのか調査してみました。

福岡県外国人比率調査ランキング!一番比率が高い場所はここだった!!

※この記事は2019年2月時点のデータに基づいているので現在と数値が変動している可能性があります。

【福岡県外国人比率ランキング10】福岡市西区1.08%

まずはランキング10位から。

ランキング10位は福岡市西区がランクイン。

外国人比率は1.08%でした。

これってどれくらいかと言うと、福岡市西区の総人口が212,106人なので、その1.08%だから2,291人になります。

これが多いのか少ないのかって言うと謎ですけど、2,000人の規模はだいたい体育館いっぱいなイメージだと思いますね。

【福岡県外国人比率ランキング9】遠賀郡水巻町1.10%

次に福岡県で外国人比率が高かった地域は遠賀郡水巻町。

なぜ、水巻町に外国人が多いのか!?

理由は大学(北九州市八幡西区付近)が近く、工場系の仕事場が近いのも土地柄だと思います。

それともう一点、今回のランキングは外国人比率であることです。

水巻町の1.1%の人が外国人とのことですが、水巻町全体の人口は約28,409人で、この1.1%に相当するのは約312人。

300人程度というと、高校の1学年くらいの人数になるかなと。

全体の人口が少なければ比率は上がるのです。

【福岡県外国人比率ランキング8】三井郡大刀洗町1.18%

次は筑後地域にある大刀洗町。

外国人比率は1.18%です。

こちらも町自体の総人口から計算してみると、総人口が15,271人なのでその1.18%は約180人

うーん、これはとてもランキング8とは思えない人数ですね。

確かに外国人比率ランキングでは8位ですが、それでも住民台帳ではたったの180人しかいないんですね。

水巻町と同じ感じで全体の人口に対して外国人が多いという感じです。

【福岡県外国人比率ランキング7】北九州市若松区1.19%

では次はランキング7位となった北九州市の若松区。

外国人比率は大刀洗町をわずか0.01%上回って1.19%でランクイン。

しかし、前者2つに比べて政令指定都市の北九州市の1区なので総人口が違います。

北九州市若松区の総人口は80,940人なので、その1.19%となると約963人という結果になりました。

しかし、北九州市若松区でも1,000人越えにはならず。

こう考えると最初のランキング10位だった福岡市西区がダントツで多く感じますね。

【福岡県外国人比率ランキング6】福岡市南区1.35%

次に県都の福岡市に戻ってまいりました。

ランキング6位になったのは福岡市南区で、外国人比率は1.35%です。

福岡市南区の総人口は262,113人なので約3,539人となります。

これまでより圧倒的に多い。

仕事や学校が多い福岡市には外国人が集まるようですねー。

それにしてもこれまでの数値からすると圧倒的じゃないか、福岡市南区。

【福岡県外国人比率ランキング5】鞍手郡小竹町1.66%

さて、次は筑豊地方から唯一のランクイン市町村となった鞍手郡小竹町。

外国人比率は1.66%です。

鞍手郡小竹町の総人口は7,418人なので、その1.66%とは123人

何とわずか123人。これくらいなら皆んなの顔と名前が覚えられそう。(笑)

これでランキング5位ですからね。

比率とは中々誤解されやすいランキングかも。しかし善戦しましたね、小竹町。

ここから先のランキングは政令指定都市の福岡市と北九州市しか存在しません。

【福岡県外国人比率ランキング4】北九州市小倉北区1.75%

それではランキング4位は北九州市で最も栄えている小倉北区。

※Wikipedia小倉北区小倉城より抜粋

外国人比率は1.75%でした。

北九州市小倉北区の総人口は182,220人なので、その1.75%の外国人の数は約3188人となります。

これまで出てきた人数の中では福岡市南区に継ぐ人数です。

全体的な話ですが、都会に集中するのは仕事の多さや便利さが影響しているのだと思います。

【福岡県外国人比率ランキング3】福岡市博多区1.76%

ここからランキング3位の発表となるのですが、上位3位は全て福岡市にある地域が占めました。

やはり福岡県の中でもダントツの国際都市の実力を発揮してる福岡市です。

ではまずランキング第3位になったのは福岡市博多区で、外国人比率は1.76%となります。

福岡市博多区の総人口は239,905人で、外国人比率が1.76%なので約4,222人

これまでの最高記録を更新しましたねー。

さすがランキング3位!

【福岡県外国人比率ランキング2】福岡市中央区1.86%

次はランキング2位です。

ランキング2位は福岡市の中心となる中央区。

外国人比率は1.86%です。

福岡市中央区の総人口は198,563人で、外国人比率は1.86%となるので人数は約3,693人ですね。

福岡県の中心地でもあり九州全体で最も栄えている福岡市中央区には外国人向けのサービスや飲食店も多いのでランキング2位になるのは納得かなと。

実際、福岡市には移住者も多いですが旅行者も多いのでドラッグストアやドン・○ホーテなどに行けば外国人だらけ現象が起きてます。(笑)

【福岡県外国人比率ランキング1】福岡市東区2.50%

ランキング最後の1位に輝いたのは福岡市東区です。

※Wikipedia福岡アイランドシティより抜粋

外国人比率は2.5%で2位を大きく離してダントツの順位付け。

福岡市東区は総人口も他の福岡市区の中でも最多で315,525人います。

その人口の2.5%となるので約7,888人なのでダントツですねー。

なぜ福岡市東区に外国人が多いのか?

その条件は大きく3つはあると思います。

①まず福岡空港に近い。

②日本語学校や専門学校も多い。

③中央区や博多区に比べて不動産価値が安い。

複合的な条件から福岡市東区は福岡県の中で最も国際的な地域に認定されました。

おめでとうございます!

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。