忙しい社会人のための英単語の効率の良い覚え方

私も苦労した。忙しい社会人の為の英単語の効率の良い覚え方

SKY MATES 7 で国際交流活動をしながら「福岡英活会」を運営している@Ayamiです。

私、記憶力崩壊しているんです。シラフでもすぐ同じ話しちゃうし、すぐ同じことを聞いちゃう。そんな私が30代になってIELTS試験を受けたときの、効率の良い単語の学習法を公開しちゃいます。特に忙しい社会人の方へ届けたいです。

忙しい社会人のための英単語の効率の良い覚え方

結果、18歳で受験勉強した時より、社会人となった今の方がよっぽど楽に英単語を覚えられた気がします。

騙されたと思って、試してください^^

社会人の英語学習者にそもそも英単語の勉強は必要?

社会人となった後でも、これから英語を覚えようと思っている人は多くなってきましたね。社会人の方々は受験勉強のために英語を学習する訳でないので英単語の学習はそもそも必要なのでしょうか?

私の持論では、英語をペラペラにするには「英会話」よりもまずは「文法」と「英単語力」が必須なんです。

例えるならルール(文法)と筋肉(英単語力)が無いまま、野球の試合(英会話)に出るようなものです。

英会話とかリスニングなどは、文法×単語ができてから身に着けていくスキルだと思っています。

ですので学生や社会人とは関係なく、英単語はペラペラになるには避けては通れない道なんです。

社会人なら、英単語にかける時間がないですよね

とは言っても勉強より本業のお仕事が大変なのが社会人の皆様だと思います。私自身も社会人として働かせ頂いているので忙しいです。

忙しい社会人だからそこ、効率的に英単語を覚えたい!と工夫をしました。

英単語の勉強は私も苦手でした。高校のころは効率悪く勉強していたんです。

1単語目から最後の単語まで、紙に書いて覚えていき、また1単語目に戻った時に、自分の記憶力の無さに無力感を感じる日々でした。

でも社会人でIELTSを受けることになり、時間がないので効率を考え始めたんです。かなり苦痛も少なく、時間もかからないやり方で覚えられたと思います。

英単語を覚えるというのは恋愛と同じ

まず一番最初に気を付けたのはエビングハウスの忘却曲線の話。

人の脳は1度勉強したことを1時間後には56%忘れ、1日後には74%、さらに1週間後には77%、1カ月後には79%を忘れるとされています。もちろんこれには個人差がありますが、概ねこのように、「時間が経つほど記憶は減る」というのは事実です。

参照:ウィキペディア・エビングハウスの忘却曲線より

つまり一度頑張って覚えても、ほぼ綺麗に忘れてしまうということです。

これって恋愛と似ていませんか? さすがに、道で見た知らない人といきなり結婚は無理ですよね。まずは道で数回見て、認知して、デートしてお付き合いして結婚、と回数を重ねてゴールイン、、、、、するものですよね?

英単語もまずは見る、認知する、ペン入れする、絵を描く、覚えるという流れが必要です。  

英単語は何度も回数を重ねて会った上でゴールインが待っています。つまり、いきなり覚えようとすること自体、ナンセンスなので、そもそも覚えようとしなくて大丈夫です^^!

私が実践した英単語の覚え方

それを踏まえた上で私の勉強法です。社会人となった今だから気づけた勉強方法ですけど、英単語で苦労していた受験生の時にも、このテクニックを知りたかったぁー。

まずは英単語を500単語ずつに分解。

1500語の単語集なら、500単語×3つのパートに分けていきます。

全体を覚えるのではなくて、まずはこの500単語からマスターしていきますよ。マスターするまでに全体で5周繰り返して覚えていきます。

1周目は「見るだけ」

大切なのは、覚えようとしないこと。「見るだけ」なのでストレスなく行きましょうー!覚えていないという罪悪感すらありません。

大切なのは、反復学習です。

1日目 50単語

2日目 昨日見た50単語 + 本日の50単語

3日目 昨日見た50単語 + 本日の50単語

・・・

これを繰り返すと10日間で500単語を2回、ただ眺めたこととなります。

2周目も「見るだけ」

まだ覚えてなくて良いですよ。だって「見るだけ」なんだもん。ペンすら持たなくて良いです。

同じように前日見た50単語と、本日見る50単語単語を反復学習で眺めていきます。

ここまで、20日間で500単語を4回、ただただ、眺めたことになります。

3周目「ペン入れ」

ここで初めてペンを手にします。基本姿勢は1週目と同じまま、前日の50単語と、本日の50単語のペースを守りつつ、分からない単語にペンを入れるだけで良いです。

ここでも決して覚える必要はありません。ただ、「ペンを入れる」という確認作業をするだけで良し! そう考えると、寝る前にベッドの中でも苦痛なく済ませることが出来るんです。

ここまで30日間で、500単語を6回は見ていることになります。

4周目 ペンが入っているところを「もう一度見る」

ここでも基本姿勢の反復学習のペースをキープしたまま、ペンが入っているところを「見るだけ」でOK。

ペース通りに進むと、40日間で8回単語に会いました。

5周目 お絵描き

無事に5周目まで来れたということは、同じ単語に短期間で9-10回は会っているということになります。

ここで覚えられなかった単語は、もう相性が悪い。もう覚えなくてOKです!あきらめましょう笑

覚えようとする代わりに、単語の隣に絵を書きましょう。例えばそれが、”generosity”「寛容さ」のように抽象的で絵が描けない、という場合には、Googleのイラスト検索をすると、ッポイものは出てきます。

次見たときに赤シートで隠れるように、オレンジ色などで絵を書き込んでおくと良いですね。 次その単語に会った時には、絵のイメージが先行してだいたい覚えているものですよ。

500単語マスターしたら次の500単語に

こうして、一回一回のアタックの質を落としても良いので、いかに短期で繰り返し単語に触れるかが重要です。

社会人英語学習者へ!気楽に続けるのが一番覚えられる

全体的に一貫して言えるのは「覚えようとしないこと」ですね。

単語の勉強で一番大事なのは、短期間で何度も単語に触れること。そしてその期間中だけは毎日続けることです。

覚えようとして、紙に単語を書いてはダメですよー。一気に「勉強感」が出てきて、「苦痛」になっちゃう。苦痛になると、毎日続けられなくなっちゃいますよね。

1-2周目「今日覚える日じゃないし。見るだけだし」

3周目「ペン入れなんてただの作業だし」

4週目「後でイラスト書くから今覚えてなくても大丈夫だし」

5周目「絵を書き込んだらこっちのもんだしー」

という気楽さで進めてください笑

私の好きな単語帳

有名な英単語ターゲットです。大学受験、語学留学、ワーキングホリデー、海外研修など、常にお世話になって今はボロボロです。タゲトモというアプリもありますよ~。

単語帳ってすごくない?

単語帳のない世界を想像してください。例えば単語帳なしで、いきなり海外生活をしているとか。

もちろん日常生活から英単語を学んでいく機会はあるでしょうが、どの単語が重要で、どの単語が頻出なのか、類義語や対義語までは分かりません。

単語帳だと、重要で頻出の単語から順番にまとめてくれていて、発音記号、例文含めて紹介してくれているなんて。素晴らしい学習ツールです‼ 編集者さんに感謝です^^

最後は英語マニアっぽい〆になっちゃいましたが、皆さんも感謝の気持ちを持ちつつ、楽しみつつ英単語と仲良くなってもらえると嬉しいですー^^

The following two tabs change content below.

NakamuraAyami

「福岡英活会」代表。「大人のための学び直し英文法」と「英語でゲーム」の活動を中心に、色々と英語や国際に関わるイベントを提供しています。 留学は短期長期含めて5回、旅は20ヶ国程度。ヒッチハイクやカウチサーフィンで行く格安旅が得意です。