英語で家系図を作ってみました。

家族関係を英語で表現。英語で家系図はこうやって作ります。

英語の自己紹介でたまに煩わしいのが、親戚の友達の〜、とかおばさんの娘が〜、といった家系図が必要になる会話。

日本語でもちょっと厄介ですが、それが英語になると中々の難易度になります。(笑)

そこで英語で家系図を作る場合、それぞれの人物は自分からみて、なんと表現するのが適切なのかまとめてみました。

英語で家系図を作ってみました。

今日の内容は英語で家系図を作ってみましょう!です。

英語で家系図をまずは作る!

早速、英語で家系図を作っていきましょう。

英語で家系図を作る!先祖編!

まずは自分より上から。

英語で家系図を表現!先祖編

ひとまず曾おじいちゃん、曾おばあちゃん世代まで。結構作るの大変でした。(笑)

父(father)と母(mother)は基本単語なので誰でも知ってると思います。祖父や祖母はfatherやmotherに「壮大な」という意味のgrandを修飾するだけです。

って英語ってすごいですね。祖父や祖母を壮大な父と母と呼びます。

今の日本人にこの感覚を持って祖父や祖母と接している人はいったいいくらいるんでしょうか・・。

さらに上の年代には「偉大な」の意味であるgreatを修飾します。

言語を勉強すると先祖の偉大さを知ることができますね。

英語で家系図を作る!子孫編!

次に下の家系図。

英語で家系図を表現!子孫編

こちらも先祖編と同じくひ孫の世代まで作りました。

父、母、がそれぞれ息子(son)と娘(daughter)になった以外は全て同じですね。

孫は壮大な息子って意味にしてしまうとなんだか息子が可哀想な形に感じますが、どうなのでしょう。(笑)

また結婚相手は「婚約相手」ということで「marriage pertoner」としました。(単にpertoner(パートナー)でもOK)

ですが息子や孫の世代で婚約相手を自分から表現する場合は「〜in low」となるのが特徴的です。これはお決まりなので覚えるしかないっすね。

英語は祖先であればあるほど「great」が適用されます。日本語と同じで「曾」が「great」になっただけですね。「great-great-great-grand-mother」なんてこともあり得るわけです。

っていってもこれは「曾曾曾おばあちゃん」ですから、きっと江戸時代生まれの方になりますので、現実的に呼ぶ機会はなさそうすね。(笑)

逆に子孫も同じで「great」を付け加えるだけです。用法は同じなので割愛しますね。

英語で直系でない親戚などの表現

さて、それでは次に家族や親戚関係の話になると決まって登場する「いとこ」や「はとこ」について英語で調査してみました。

まずは「いとこ」からです。いとことはおじさん、おばさんの子供達に相当します。

つまり親の兄弟や姉妹の子供達。彼ら、彼女らを英語では「cousin」と呼びます。(コズンというカタカナ表記がもっとも音が近いです。)

更に細かく分類すると男子のいとこ(甥っ子)は「nephew」で女子のいとこ(姪っ子)は「niece」です。

「いとこ」はまだ聞き慣れた英単語かもですが、さらに下の「はとこ」は意外と知られてないです。ってか自分も使う機会がないので、調べるまで知りませんでした。

答えは「second cousin」になります。ってことはこのまま下へいけば行くほど「third cousin」「forth cousin」って感じになるのが予想できますね。

まぁ彼らを呼ぶまで、生きているかは別ですが。(笑)

また結婚したことで家系図が繋がる義理の家族を表現する場合についても書いておきます。

まずは親戚のおじさん。

パターンとしてはお母さんの兄や、妹の旦那さん。とかがこの位置になります。

通常「uncle(おじさん)」でそのまま通用するようですが、細かいことをいうと血縁関係があるおじさんはuncleそのままで、配偶者で血縁関係のないおじさんは「uncle in low」となるようですね。

おばさんはその逆で血縁関係は「aunt」でないほうは「aunt in low」です。

もはや親戚としてカウントしない範囲かも知れませんが、血縁関係のないおじさんの親を指す場合は「parents of uncle in low」です。

長いですね〜、と思いましたが、日本語でも「親戚のおじさんの両親」ってくらい長い修飾子が必要な存在なので、お互い様です。

複雑な家族関係の英単語

また家族関係を語るのであれば婚姻関係も親密なので、そこも合わせて書いておきます。

まずは公的文章とかでよく尋ねられる配偶者について。配偶者を英語で表現すると「spouse」(スパウスの音がもっとも近い日本語)や「marriege pertner」になります。

次は離婚。昔に比べると多くなったと言われる離婚。欧米では日本以上に当たり前な現象だそうです。英語では「divorce」(ディボースの音がもっとも近い日本語)になります。

離婚した元旦那、元妻とかはなんと呼べば良いのか?

まずは離婚前は旦那が「husband」で妻が「wife」ですね。これは基本単語です。で、「元〜」と修飾する場合は「ex-」を加えます。

離婚した旦那の場合は「ex-husband」って感じです。なんだかカッコいい。でもなりたくはありません。(笑)

更に稀な使い方ですが未亡人は「widow(ウィドウの音が近い日本語)」と呼びます。あまり使ったことがありません。それより離婚の方が・・・w

また兄弟や姉妹はそれぞれ「brothers」と「sisters」になると思いますが、男女問わずの用語も英語にはあります。英語で「sibling」というと男女問わずの兄弟関係を表すので便利。

対象が単数でない場合が多いので、siblings(シブリングスの音が日本語でもっとも近い)と複数形で使用するのが一般的ですね。

家族関係を英語で表現まとめ

その他にもまだまだ家族構成を語るには必要な英単語はあります。

え?もうお腹いっぱい?そうですよね。自分ももういいかなと思いますので、ここで家族構成に関係する英単語をまとめたいと思います。(これまで書いてきた英単語も載せてます)

家族要因・意味英単語
father
mother
祖父grand-father
祖母grand-mother
曾祖父great-grand-father
曾祖母great-grand-mother
叔父uncle
叔母aunt
息子son
daughter
ひ孫grand-child(children)
nephew
neice
義理家族(パターン)〜 in low(son in lowなど)
親戚relatives
双子twins
三つ子triplets
元(離婚後パターン)ex- 〜(ex-wifeなど)
幼児・赤ちゃんinfant・baby
家系図family tree
血縁関係blood related

調べてみると結構たくさんの英単語が紐づいてますねー。でもこれで安心して家族構成は英語で話せるようになるんじゃないかなと。

「〜 in low」など必ずパターンがある英単語は覚えやすくていいですね。

ただ遠くなるともうわからないので、そんな時は必殺「relatives」(親戚)と言っておきましょう。

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。