セブ島のシューマイが安くて美味すぎ!【シューマイマップ付】

セブ島のシューマイが安くて美味すぎ【シューマイマップ付】

はい、今回は記事のロケーションを海外に移して書いていきます。

そのロケーションとは、英語留学で流行っているセブ島です。

セブ島留学流行りですよね〜。

自分もセブ島留学が一般的になる波を迎える少し前にセブ島に渡りました。自分がセブ島へ渡ったのは2013年です。

それから現地でツアーガイドや留学コンサルティング、フィリピンでの生活アシスタントなどなど色々と働かせて頂きまして、フィリピンにはとっても詳しくなりました@tomitaicyoです。

セブ島のシューマイが安くて美味すぎ!【シューマイマップ付】

で、今回はそのセブ島の中でもオススメしたい食べ物がございまして、こちらで紹介していきたいと思います。

その食べ物とは・・・

フィリピンセブ島のシューマイが泣ける美味しさ

で、今回紹介したいセブ島の食べ物なんですけど、こちらです。

セブで食べるシューマイが美味しすぎる2

今回紹介したいのはセブ島流シューマイ

フィリピンとシューマイって全然イメージないっすよね。自分もフィリピンでシューマイが売られていることなんて最初知る由もありませんでしたから。

でもですねー、セブのシューマイが美味しい!ってことに気づいてしまったのです。

そこで今回、久しぶりにセブ島のシューマイを食べ歩いてみました。

まずはこちらのカレンデリア(シューマイ屋)に訪問!

カレンデリアとはセブのローカル飲食店のこと。日本で言うところの個人経営店といった感じです。基本的にはオープンスペースで食事をとるような感じ。

シューマイは鉄の蒸し器で保存されています。

こちらのシューマイ屋では1つ4.2ペソでした。(0.2ペソなんて単位はふだん使いませんが、最近物価が上昇したので0.2ペソを加えたそうです)

物価上昇と書きましたが、依然やすさは変わりません。この4.2ペソってのがどれくらい安いのかって話ですが、こちら為替を行ってみました。

4.2ペソ = 8.78円(2019年3月21日時点為替フィリピンぺソ − 日本円2.09倍より計算)

その値段わずか9円未満!安いでしょ。1粒9円なので10粒買っても100円に満たないのです。

なのでシューマイは6つ。それと合わせてセブ版おにぎりのプソを4つ買います。

セブで食べるシューマイが美味しすぎる

プソとはこの笹で巻いた三角形の食べ物。

プソとはフィリピンで食べられるご飯を固めたもの。おにぎりと言いたいが、味付けはないので、本当にただのご飯の塊。あまり人気ありません。(笑)

この写真に写っている食べ物を合計してわずか32ペソなんです。

32ペソの【内訳】シューマイ6個、プソ4個

シューマイは3個で10ペソというセットを2つ頼んで20ペソ。

プソは単品3ペソを4つで12ペソです。

合計32ペソとは・・・70円相当。

安すぎ!!!!!!やばいでしょ。

それで現地でも人気のシューマイの食べ方について書いてみます。

フィリピンセブ島のシューマイの正しい食べ方

まずはシューマイの食べ方から。

セブ島のシューマイはちゃんと端と茶碗を持って・・・とはならないっすよね。

こんな感じで食べます。

セブ島のシューマイの食べ方

男は素手でシューマイ!(笑)

手サイズのプラスチックバックをもらうので、それでシューマイを掴んで食べます。セブに住んでいたら一度は体験してみてもらいたい手法です。(笑)

プラスチックバックで掴む手法が現地人スタイルな食べ方なんですけど、ちゃんと爪楊枝で食べることもできます。

爪楊枝は英語で「toothpick(トゥースピック)かstick(スティック)」とか言えばくれます。

次にプソですが、プソはこの笹の葉を取って食べます。プソには切れ目が入ってて、それを割って食べます。

こんな感じ。

セブのシューマイの食べ方プソも

中にはこれでもかと言うくらいに固められたご飯があります。

日本人の常識的なふんわりご飯はプソに求めないでください。無理です。(笑)

ただプソがあるおかげでシューマイを美味しく食べることができます。なぜなら、セブのシューマイは味が超濃ゆいので何かと一緒に食べたくなるもの。

そこで白ご飯としてプソがナイスコンビネーションなんですねー。

セブへ来た際はぜひシューマイとプソのコンビで食べてみてください。

セブ島のシューマイマップ

ではでは、最後にセブ島のシューマイマップを載せたいと思います。と言うかですね、セブ島でシューマイは至る所で食べることができます。

ですが、シューマイ屋によってテイストが異なるので、好みがあるかと思います。そこでセブ島のシューマイ通の自分がオススメしたいシューマイ屋をピックアップしてみました。(他にもありますが、とりあえず程度の参考にどうぞ。)

セブ島のシューマイマップその1

セブ島のITパーク付近で滞在している人にオススメしたい店舗はこちら。

セブ島のシューマイ屋

ちょっと店長の顔が切れてますが、タイミングの問題です。(笑)

場所はITパーク北東の出入り口付近。アヴィダタワーと言うコンドミニアムのすぐ近くです。ITパーク中心地から見るとマクドナルドの奥ですね。

Google Mapだとこの辺り。(このGoogle Mapで示している場所とはちょっと違うんですけど、この辺りです)

ここのシューマイ屋が今回レクチャーさせてもらったシューマイ屋です。

セブ島のシューマイマップその2

次にショッピングモールの中にあるシューマイ屋です。

場所はセブ島のバニラットと呼ばれる地区にあるカントリーモールの中にあります。

セブ島のカントリーモールとはこの辺り。(通称カントリーモール、ガイサノ、Cモールとか色々言われますが、カントリーモールが最も通じます)

カントリーモールは複合施設なのでレストランやカフェなど色々あります。韓国版焼肉のサムギョプサルやトンカツも食べれる・・・

のですが、ここは浮気せずにシューマイ一本で紹介していきます。(笑)

カントリーモールは地上3階、地下1階の施設で、今回紹介するシューマイ屋は地下のフードコートにあります。

セブのカントリーモールのシューマイ屋

ここのシューマイ屋は外のカレンデリアと違ってモールの中にあるので少し値段が高いです。って言っても日本感覚で言えば全然安いです。

シューマイ4つのセットで売られててだいたい32ペソ〜38ペソ(70円〜90円)くらい。それに別途プソを頼む感じで、だいたい50ペソ(110円)くらいです。

カントリーモールのシューマイ屋の特徴は「ジャパニーズシューマイ」という品種を売ってます。

海苔のようなものをシューマイの周りに巻いてて、中にはエビっぽいプリプリした食感の食品が入ってます。

スパイスやカラマンシーと呼ばれる柑橘系の食べ物も付いているので高級路線?ですね。カントリーモールへお越しの際にオススメです。

セブ島のシューマイマップその3

最後のシューマイ屋はまたまたITパーク付近。

こちらはITパークから南西の出入り口付近にあるカレンデリアの一角になります。

セブで食べるシューマイが美味しいマップ3

交差点のところにあるカレンデリアですね。

Google Mapではチャペルを指してますが、このチャペルのすぐ近くにあります。

形式は最初に紹介したシューマイ屋と同じですが、アヤラに近いので、滞在する場所によってはこっちの方が便利です。こっちのカレンデリアの方が少し高級路線で1粒7ペソ。プソは同じく1つ3ペソです。

ここのシューマイ屋のスパイシーなタレが美味いです。もしかしたらこの記事ではスパイシーが美味いってことを最も伝えたいのかもしれません。

ザックリとセブのシューマイの食べ方を書いてみましたが、どうですか?食べたくなりました?(笑)

フィリピンのセブ島では留学中に色々と新しい文化に触れるチャンスがあるので、オススメです。

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。