セブ島で肉巻きブーム!ITパークで売られてる肉巻きの裏側!

セブ島で肉巻きブーム!ITパークで売られてる肉巻きの裏側!

セブ島で今流行りの日本人が提供している料理があると聞いてITパークへやって来ました@tomitaicyoです。

実はですね、日本人の方が考案したフィリピン人でも美味しく食べることができる料理を開発したとの情報をかれこれ5年くらい前(2014〜2015年あたり)に伺っていたのですが、この度その料理を実際に頂きました。

その日本人が開発したフィリピン人も楽しめる食べ物とはこちら。

セブ島で噂の日本人が開発した肉巻きお店

こちらセブ島のITパークにあるナイトマーケットスペースに出店しているNIKUMAKI(肉巻き)です。今回はこの肉巻きの裏側に迫ります!

セブ島のITパークで販売されている肉巻きとは

セブ島で肉巻きが売られているって噂は既に聞いていたのですが、今回のセブ島訪問で初めて本物を見ました。

と、同時にITパークにナイトマーケットが出現しているのに驚きでしたね。ITパークのナイトマーケットの雰囲気はこんな感じです。

セブ島のITパークにあるナイトマーケットの風景

セブ島らしくお祭りみたいな雰囲気は最高ですね。そしてよく見てください。テントの暖簾のようなところに書かれている文字。

『あなたが行くようにきれいに』

どう言う意味でしょうか。セブ島では思わずツッコミたくなる日本語に時々出会います。(笑)

で、セブ島のITパークにあるナイトマーケットの一角で売られているのがこちらの肉巻きです。

セブ島で噂の日本人が開発した肉巻き

こちらは一口食べたところになるんですけど、おにぎりの様にご飯を丸めた周りに豚肉を贅沢にグルリと巻きつけた食べ物がセブ島の肉巻きです。

フィリピンの米ってどーせタイ米みたいにパサパサして美味しくないんでしょ?

なんて思うひともいると思います。が、この肉巻きで使われている米はタイ米ではありません。フィリピン産の米ですが、米の炊き方が非常に日本。パサパサ感なく肉おにぎりを食べれます。

セブ島のITパークで売られている肉巻きには味付けの種類があって、チーズとか、スパイスとか、マヨネーズとか、など、自分の好みの味付けができます。

値段も安い肉巻きは38ペソ(90円程度)〜50ペソ(120円程度)なので日本のコンビニおにぎりくらいの値段と思ってもらえれば。肉巻き2つくらい食べるだけで十分にお腹は満たせるのでこの値段は安いと思います。

肉巻きの潜入レポ(セブ島ITパークの肉巻きの裏側)

で、ここまでが表側の肉巻きストーリーでして、ここからがセブ島ITパークの肉巻き裏側ストーリーになります。(笑)

裏側と言いますのは、肉巻きを作っている現場を見学させてもらったからなんですけどね。その現場とはセブ島でゲストハウスを営んでいるキャラバンのリビングで仕込み作業を行ってました。

セブ島のゲストハウス【キャラバン】についてはこちらの記事で書いてますので、ご参考にどうぞ。

セブ島のシェア兼ゲストハウス【キャラバン】に泊まってみたよ。

キャラバンの1階でITパークのナイトマーケットで販売される肉巻きを作成してます。

セブ島で話題の肉巻き作り9

そこで肉巻き製作現場のフィリピン人たちとお話ししてみました。

セブ島で話題となっているITパークのナイトマーケットに併せて肉巻きも作っている様で、基本的には木曜日から日曜日の間に製作しているそうです。(月曜日から水曜日までは肉巻きオフデーです)

しっかり業務用炊飯ジャーにて米の炊き具合を管理しており、多いときは300食ほどの肉巻きを製造するみたいですね!おにぎり300個って考えたらすごい数ですよね。

セブ島ITパークの肉巻きとたこ焼き

それでは肉巻き製造の現場の彼女らと会話しながら写真を交えて紹介していきたいと思います。

セブ島のITパークのナイトマーケットで売られている肉巻きですが、フィリピンでよく売られているこの肉を使って肉巻きを作ってました。

セブ島で話題の肉巻き作り8

この肉はポークベリーといって日本語では「豚バラ」になる部分ですね。直訳ですが、味は確かに豚バラでした。(笑)

この肉はフィリピンでは非常に庶民的な存在で、多くの庶民料理に使われているので確かにフィリピン人に人気な材料ですね。個人的にもオススメしたいポークベリーです。

そして肉巻きと併せて日本のこの食べ物をITパークのナイトマーケットで販売してます。それがこちら。

セブ島で話題の肉巻き作り11

たこ焼きです。

フィリピンだけでなく、アジアでは今日本のたこ焼きは人気なんです。

でも、なぜかセブ島ではたこ焼きをタクヤキ(Tacuyaki)と呼ばれたりするんですけど、これはフィリピン人の発音の問題なのかもしれません。

セブ島ではタクヤキです。(笑)

たこ焼きを作るためにフィリピン人たちはひたすらキャベツを切ってたり、肉巻きオニギリを作ったりと忙しそうでしたが、日本人が全く指示しなくても現場でせっせと料理が作られていくのは素晴らしいなと思いました。

フィリピンで仕事をされた方ならわかると思いますが、まぁフィリピン人サボりますからね。(笑)

そんな肉巻き裏側レポでした。セブ島のITパーク付近に行った際にはナイトマーケットで肉巻きをゲットしてみてください。

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。