セブ島でホタルが見れる学校って知ってました?ELSAへ訪問!

セブ島でホタルが見れる学校って知ってました?ELSA(エルサ)訪問!

セブ島の語学学校って基本的にセブ市にあって、目の前にオーシャンビューがあるなんてのは幻想です。とかってディスられたりするんですけど、一部の学校はちゃんと目の前にオーシャンビューがあるんですよ、ちゃんと。

しかも綺麗な水が流れている場所に語学学校があり、その学校ではなんとホタルを目撃できるとの情報をもらいまして、この度事実かどうか現地に行って調査してみました。

セブ島でホタルが見れる学校って知ってました?ELSAへ訪問!

その学校とはセブ島のコンポステラという街にあるELSA(エルサ)という学校です。今回はELSA(エルサ)について書いてみたいと思います。

セブ島のELSAはセブ市でなくコンポステラにある

今回初めてセブ島のELSA(エルサ)に訪問させてもらったんですけど、この学校はセブ島にある他の学校と色々と違う点があって特徴がありましたので、ここで紹介したいと思います。

まずELSA(エルサ)があるロケーションなんですけど、セブ島の他の学校があるセブ市やマクタン島、マンダウエ市じゃないんですよ。

ELSA(エルサ)があるのはセブ島のコンポステラという街。

こんぽすてら?

って思いますよね(笑)。コンポステラの場所はここになります。

セブ市から北に30キロくらい離れたコンポステラに今回訪問した語学学校ELSA(エルサ)はあります。

ELSA(エルサ)がある場所は本当に田舎でこれまでいくつかセブ島内の学校へ訪問しましたが、ダントツで田舎にありました。(笑)

セブ島のELSAはコンポステラにある

ELSA(エルサ)は開校したのは2004年からなので既に15年の歴史のある老舗学校なんですねー。元々はセブ市内にあったそうですが、コンポステラに移動したそうです。

学校の場所がコンポステラという現地に住んでいる日本人ですらあまり知らない街にあるので、ELSA(エルサ)を知らない日本人在住者もフツーにいました。

自分も今回訪問させてもらうまでELSA(エルサ)の名前は知ってましたが、場所は知りませんでした。(汗)

【セブ島】ELSAが人気な理由はターゲットが明確

今回、学校訪問させて頂き、現地の日本人マネージャーさんにELSA(エルサ)の特徴を聞いてみました。

まず気になるのは学校の位置ですよね。セブ島なのにセブ市やマクタン島じゃないってちょっと変わってますからね。その理由を聞いてみましたが納得です。

ELSA(エルサ)がなぜコンポステラという日本人からするとほぼ無名の街に引っ越ししたのかって話ですが、それはELSAのユーザー層が明確になっているからとのことです。

ELSA(エルサ)は主に親子留学の生徒さんを受け入れている学校で、通常のESLと合わせて英語教育の幼稚園も併設している学校でした。

セブ島の語学学校ELSAにある幼稚園

こんな感じの空間で主に韓国人の親子留学を受け入れているみたいですね。

幼児用の教科書はイギリスから取り寄せているそうです。

セブ島の語学学校ELSAにある幼児用の教科書

韓国人経営の学校なので、韓国語の教科書も目立ちますね。(笑)

小さい時から世界を感じれる空間に入れるのは凄い良い体験だと思います。

セブ島の語学学校ELSAにある世界地図

この地図なぜか国の名前を微妙に間違えてたりします。例えば「Morocco」が2つあったりとか。まぁいいですけど。(笑)

それで話を戻しますが、ELSA(エルサ)のターゲットは親子留学ということでセブ市内より田舎の方が治安面もいいのでコンポステラに学校を構えているって理由なんですね。なるほど!

【セブ島】ELSAの施設とロケーション

訪問させて頂いたので色々とELSA(エルサ)のことについて尋ねてみました。

まずELSA(エルサ)は韓国人資本の学校でセブ島のセブ市からコンポステラに移動した学校です。ELSA(エルサ)の前はリゾートだった施設のようで、改築して語学学校として使用います。だから構造がリゾートっぽいです。(ってかリゾートだったので)

セブ島のELSAに設置されているプール

プールが寮と食堂がある施設の真ん中にあります。プール側にある寝そべるベンチは正にリゾートホテルに置いてあるやつですよね。

特徴としては、学校の敷地が広い広い。

セブの田舎に学校を構えているので、敷地がデカいです。校内にはサーキットが2つあって内周と外周があるんですが、内周が400mで外周は1.5kmもあるそうです。セブ島の語学学校で外回り1.5kmって結構凄いっすよね。

元リゾートホテルを改装して学校にしているので、学園内には小さな屋根付きの小屋があります。

セブ島のELSAの生徒さん

こんな感じの小屋。フィリピンのリゾートホテルでよく見かける建物です。名前はスミマセン、わからないので「こんな感じの小屋」と表現させてください。(笑)

それでは学校施設の方に移ってみましょう。ELSA(エルサ)のESLの教室はこんな感じ。

セブ島のELSAのマンツーマン教室

よくあるスタイルのマンツーマン教室。韓国系の学校はこのスタイルが多いですね。

こちらがグループクラスの教室。

セブ島のELSAのグループクラス教室

最大で6人までグループクラスを行なってます。ネットでは8人クラスまで開催とのことですが、基本6人グループクラスを提供するとマネージャーさんはお話ししてました。

セブ島のELSA(エルサ)でホタルは本当に見れるのか?

ではでは、今回ELSA(エルサ)の噂話となってたホタルの存在。留学には全く関係ありませんが、ホタルが見れる学校ってかなりレアです。(笑)

ホタルが見れるのかELSA(エルサ)のマネージャーさんに伺ってみました。

すると、本当にホタルが見れるようで、マングローブ林に生息しているのだとか。

ELSA(エルサ)は敷地が広く、校内からそのまま海(マングローブ林)まで行くことができます。そのマングローブ林付近に生息しているのだとか。

そこでマネージャーさんに案内してもらいました。途中オーナーハウスにいる犬がいるため、マネージャーさんと一緒に行かないとシルエットが怖いです。(笑)

また、ホタル発見のため、今回は夜訪問したので暗く写真はありません。

が、本当にホタルいました。

信用してないでしょ?(笑)

実際にELSA(エルサ)に訪問してみてください。ホタルいましたからね!

ELSA(エルサ)の特徴【オススメできる留学生】

では今回訪問させて頂いて、ELSA(エルサ)にオススメできる留学生について。

ELSA(エルサ)では平日外出禁止になっています。EOPでもスパルタでもないですが、平日外出禁止の学校です。理由としてはメインの留学生が親子留学が多く、若年層が多いことだそうです。

確かにELSA(エルサ)の周辺は田舎なので何もないですからね。治安はセブ市ないよりいいと思いますが、何もないので、何かあるところまで行くには少し遠出になります。(最寄りのショッピングモールは隣町 Lilo-anガイサノ)

平日外出禁止が辛いという人にはELSA(エルサ)は向かないと思います。これは個性なので仕方ないレベルですね。

ただ平日外出禁止ですが、親子留学向けの学校なので保護者の為に校内でアルコールを売っています。(韓国人の保護者が飲むそうです笑)

セブ島のELSAは学校内でアルコールを売っている

また学校の敷地は広いでの平日外出禁止とはいえ開放感はある方だと思います。

まだ日本人比率の低い学校なのでセブまで来て日本人とまだ関わりたくないって人にはオススメしたい穴場な学校です。が、日本人比率は時期によって変動するものですから、あまり指標にはならないっすね。

ELSA(エルサ)への留学をオススメする人物像としてはノンビリした雰囲気で英語学習を進めたい人ですね。また誘惑に弱い人もいいかも知れません。本当に周りに何もないですし、平日外出禁止ですからね。

ELSA(エルサ)は留学学校激戦区のセブで学校運営を既に15年以上行なっている老舗です。ですが日本人にまだあまり知られていない語学学校なので穴場的です。

The following two tabs change content below.
現在までに72ヶ国旅した旅人。国際線100本以上搭乗経験あり。格安航空券取得、サバイバル、現地人コミュニティ参加が得意中の得意。ママチャリで北米大陸横断、国際交流パーティー主催、教育ゲームファシリテーター、ITコンサルタント。企業・個人向け英会話講師、IT講師として活動中。