福岡の留学王ジロー

【英語で旅行】外国人の友達を作れるオーストラリアのツアーに参加!

海外旅行は好きだけど、いつも日本語ばかりのツアーでちょっと退屈なんですよね。せっかく海外旅行しているので日本人ばかりの団体行動はもうウンザリ。英語も話す機会があれば・・・

そんな想いが叶うツアーがオーストラリアにあったので僕@sushi_jiroが参加してみました。その時のレポートをお届けいたします。

roが参加してみました。その時のレポートをお届けいたします。

外国の旅行会社の海外発着ツアーに参加するとイヤでも外国人の友達ができる

海外旅行に行って、旅行先で外国人の友達ができたら素敵だと思うんですよね。 でも、できそうで意外とできないですよね?

ところが、旅行先で外国人の友達ができないという考え方は思い込みだと気づきました。

海外の旅行会社が主催する海外発着ツアーというものに参加すれば、いやでも外国人の友達ができるんです。それも、薄い感じの繋がりではなく、親友レベルの濃い~い友達ができるんですよ。

「ツアー」と聞くと、日本人の添乗員が旗を持って引率する、日本の旅行会社が主催するツアーをイメージするかもしれませんが、それではありません。

海外らしく程よくラフに、比較的、自由な旅行になりました。

【オーストラリア発】世界中のツアー仲間と英語漬けでヨーロッパ一周旅行!

僕が実際にオーストラリアの現地ツアーに参加した旅行会社を紹介します。

オーストラリアの旅行会社が主催する「Contikiツアー」

https://www.contiki.com/ap/en

こちらは国籍問わず18歳から35歳までの誰でも参加できます。

オーストラリアの旅行会社の主催なので、参加者の国籍の割合はオーストラリア人が多いですが、日本も含めて世界中の若者が集まります。

旅行先も世界中。例えばヨーロッパ一周ツアーなんかが人気ですが、「12日間で9ヵ国をバスで周るコース」、「45日間かけて18ヵ国を周る」といった長丁場など、様々なツアーから日程や予算に合わせて選べます。

他にも「14日かけてアメリカの西部縦断」とか。行ってみたいですね。

オーストラリアの旅行会社が主催する「Topdeckツアー」

オーストラリアの会社”Topdeck”の主催で、前者のContikiとはライバル関係。ContikiよりTopdeckのほうが参加年齢の上限が高く、18歳から39歳までの誰もが参加できます。

内容はContikiと似ています。ちなみに僕はこのTopdeckの西ヨーロッパ1週の1ヶ月ツアーに参加しました。

https://www.topdeck.travel/

【海外ツアー】英語のハードルは高いけど、めちゃくちゃ楽しい

この海外発着ツアーはオーストラリアの会社が主催しているので、当然ながら旅の全てが英語です。

現地のスタート地に着いてからツアー開始の案内に始まり、ガイドによるツアー中の観光案内。友達との会話。

全て英語です。少ないですが稀に日本人も参加するので、たまたま同じ日程のコースになることもあります。その場合は日本語を使う機会もあるけれど、基本的に全て英語で旅をします。

その英語が問題なのですが。とにかくネイティブのオーストラリア人が40人ほど集まるので、ネイティブのオーストラリア英語が圧倒的大多数となり、一日中ネイティブオージー英語を相手にすることになります。これは、慣れてないと何を言ってるのかさっぱりわかりません。

でも、2週間ほどすると少しづつ慣れてきます。英語のハードルはかなり高いですが、文法やリスニングなどある程度の基礎力がある人なら、じゅうぶん楽しめます。私はその基礎力がなかったので死にましたが。

幸い僕の場合、気の合う2人の親友ができたことにより、みんなの輪の中に入っていけました。

1人はメルボルンから来たオーストラリア人、Chris。彼はインターナショナルスクールに通っていた背景もあるので、アジア人などいろんな人種と交流することに慣れていて、僕のような日本人とも違和感なく仲良くなってくれました。メルボルン出身でも英語にクセがなく、聴きとり易かったのも幸運でした。

もう1人はコリアンアメリカンのAlex。彼は韓国生まれのカリフォルニア育ちで、ほぼネイティブ並みのアメリカ英語を話せました。だから、英語力の低い僕と、超難度のオージー英語を操るオーストラリア組の間に立ってくれて、橋渡しの役割をしてくれました。

この二人は初日のフランス・パリのホテルでのルームメイトでした。彼らのおかげで、オーストラリアや南アフリカのネイティブ組やアジアからのノンネイティブ組みんなと仲良くなることができたんですよ。

ほんとに恵まれてたなぁ。

オーストラリアで出会ったツアー仲間は6年経ってもコンタクトを取り合う親友へ

ちょうどツアーの後半、ドイツのベルリンにいたときに自分の誕生日がきたため、日付が変わるときにみんなが祝ってくれました。

そして次の日の朝、バスで次の目的地に出発する時、ハッピーバースデーの歌を全員で大合唱してくれました。それからというもの、毎年くる誕生日の度に、数人のメンバーから「おめでとう」メッセージが、未だに届きます。

また、そのツアーの1年後、親友Chirisを訪ねてオーストラリアのメルボルンに行き、10日間ほどホームステイさせてくれました。そして、St. Kildaというビーチのバーで、その他の5人とも再会できました。

つまり僕は旅の1年後にオーストラリアに再会しに行ったり、6年経ってもSNSでコメントを交わせるほどの親友ができました。

普通の観光旅行では、こうはならないですよね。

行先の国は選び放題。あなたも参加してみませんか?

ちょっとした英語力と度胸。この二つがあればオッケー。今まであなたが経験したことのない種類の「国際交流の感動」を味わえると思いますよ。

The following two tabs change content below.
「国際っぽいことをやるプロ」になりたい、と決意し、国際っぽい人生を始めてしまう。まず世界各国からの旅人が集って英語でヨーロッパ一周をするツアーに、英語力もないまま参加して痛い目に遭う。 以来、マレーシア留学、セブ留学を経たのち、留学支援会社設立、国際交流パーティー主催など、「国際っぽいことをやるプロ」としての歩みを続ける。 一般社団法人スカイゲートインターナショナル 代表理事、国際交流チーム"SKY MATES 7" メンバー [得意なこと] DJ、写真、インターナショナルっぽく振る舞うこと